受診する

かかりつけ医を持ちましょう

地域医療支援病院について

当院は、地域医療支援病院(地域を支援する紹介型の病院)として地域の医療機関と連携し、かかりつけ医と協力して、患者さん1人1人に専門的な医療の提供・救急医療の提供が出来るように努めております。
医療保険制度により当院では令和2年4月1日より初診時に紹介状をお持ちでない患者さんには5,500円(税込)の初診時選定療養費(特別の定額負担)を徴収しなければなりません。これは、地域のかかりつけ医と病院がお互いに連携を図り、それぞれの役割に応じて患者さんの症状に適した医療を提供する為に、国が推進している制度です。
当院を受診する際には、かかりつけ医からの紹介状をご持参いただくようご案内しています。紹介状があることで、適切な検査や治療を円滑に受けていただくことに繋がります。また、状態が安定された際は、健康維持管理を「かかりつけ医」にお願いしています。御理解の程宜しくお願い申し上げます。
定期的フォローや急変時などお困りの際には「かかりつけ医」や地域の診療機関と共にいつでも対応いたします。ご安心ください。

地域医療支援病院とは

「かかりつけ医」を支援する能力を備え、地域医療の充実・確保を図る為、その支援に必要な設備や能力を備えた病院です。
役割:①紹介患者に対する医療の提供(かかりつけ医等への患者の逆紹介)②医療機器の共同利用③救急医療の提供④地域の医療従事者に対する研修の実施

初診時とは

  • 当院を初めて受診する
  • 前回受診の傷病の治療が済んでいる、または中止している
  • 前回の受診より一定以上期間が開いている

※健康保険法に規定されている初診算定要項に準ずる受診

初診時選定療養費について(以下の場合、費用負担はありません。)

  • 他の医療機関からの紹介状を持参
  • 緊急時(救急車により搬送された場合など)
  • 入院した場合
  • 各種公費負担の対象になっている場合(生活保護や特定の疾患、障害など)

かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医とは、「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」です。いざという時に困らないためにも、地域で信頼できる、かかりつけ医を見つけておきましょう。
病気の予防・早期発見に繋がり安心です。

かかりつけ医の役割

(1)日常的な医学管理と重症化予防

▽疾病教育▽生活指導▽治療方針の決定▽服薬管理▽服薬指導(薬剤師と連携)▽治療効果の評価▽重症化の予防・早期介入など

(2)必要に応じた専門医療機関などとの連携

▽専門医療機関への紹介、助言▽合併症に応じた療養指導▽急性増悪への対応など

(3)在宅療養支援・介護との連携

▽在宅医療を行う場合の管理・療養指導▽服薬管理▽服薬指導(薬剤師との連携)▽要介護状態などに応じた療養指導▽
介護との連携▽急性増悪への対応▽看取り支援など

※ かかりつけ医をお持ちでない患者さまには、地域連携室スタッフがかかりつけ医をご紹介するお手伝いを行なっています。お気軽にご相談ください。
いつでも対応いたします。ご安心ください。

担当:地域連携室(1階患者相談支援センター内)
TEL:086-276-3231・FAX:086-274-7303

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
面会
一般病棟
8:00〜20:00
集中治療室
12:15〜13:15
18:00〜20:00