個々人に合わせた食事提供

治療食

日々の食事療法の習得に繋がる食事提供を目指しています。治療食は糖尿病・高血圧症・脂質異常症の順で割合が多いです。

 
活動写真

食事形態

咀嚼が十分に出来ない、手が上手く使えないなど食べにくい患者さまには1人1人に合わせた食事の形態を提供します。刻み、一口大、串さしなどの形態があります。

顔の見える栄養管理

多職種と連携しながら、患者さまに寄り添った栄養管理を追究するため、管理栄養士5名がそれぞれ担当の病棟で活動しています。また、食事時には調理師も病棟で「ミールラウンド」をおこない、患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。食事に対する安心感と信頼度を高めていただけるよう栄養課一同、より一層努力していきたいと思います。

活動写真

食のイベントの開催

ワゴンサービス

全てのお部屋に伺い、患者さま1人1人へお菓子をお届けするサービスを調理師がおこなっています。患者さまと接する中で、日頃の食事についての会話などもでき、良いコミュニケーションの場になっています。

活動写真

選択メニュー食

週に3~5回お好みのメニューを選択できる特別メニューを作成し、嗜好に合わせた食事提供をおこなっています。病院食らしくない食事を目指して和食・洋食など幅広く調理師と相談しながら作っています。

活動写真

アフタヌーンティーサービス

院内の2階憩いの間にて月に1回行っています。ホッと一息つく事の出来る空間の提供を目指し、調理師が工夫を凝らした手作りのお菓子とお茶を提供しています。エネルギー制限されている方も一緒に楽しめるようにレシピも工夫しています。お菓子とお茶と共に楽しい時間を過ごして頂けるよう努めています。

活動写真

ページのトップへ