岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>ご利用の皆さまへ
<ご利用の皆さまへ>
受診のご案内
診療科のご案内
当院について
施設のご案内
交通のご案内
入院のご案内
面会・お見舞い
各部署のご紹介
地域医療支援病院
医療安全管理室
医療福祉相談
ご意見箱
診療情報開示
健診のご案内
医療安全管理のための指針
1.医療安全管理の基本方針
岡山旭東病院は、経営理念の「安心して生命をゆだねられる病院」として安全な医療を提供するための医療環境を整える努力をしています。
2.医療安全体制
医療の質の管理をチームで行うための医療安全管理部会と、医療事故防止対策を組織的に円滑に推進するための医療事故防止対策委員会を設置しています。
活動は医療事故報告書・インシデント報告書の収集と分析、医療安全に関わるマニュアルの作成と管理、安全性の向上のための研修などを行いながら、医療事故予防に重点を置いています。 
人間はエラーを起こすことがある存在であります。エラー発生を未然に防止するように、職員ひとり一人が医療行為に専門職としての自覚ある確かな医療技術の担保に心がけて、日常業務の安全の徹底を図っています。
3.インフォームドコンセント
安全で安心できる医療を行うには、主治医と患者さまをはじめ医療従事者との良好なコミュニケーションのもとにインフォームドコンセント(説明と同意)が行われ、患者さまが主体的に意思決定し同意を大切にしています。
4.相談室
よりよい医療の実践のために医療相談室を設置、患者さまとご家族の医療に関する心配や苦情に迅速に対応できる患者相談を受けています。
5.事故発生時の対応
いかなる事故であっても、患者さまの生命及び健康と安全を最優先に考えて速やかに行動、エラーを未然に防止することのできなかった発生メカニズムを調査して、事故の原因を究明します。
そして、再発防止の対策を立案します。
平成18年9月1日一部変更と追加
安全で安心の医療を提供する為に
医療安全管理の基本方針
安心して生命をゆだねられる病院
◆安全で質の高い医療を提供する
◆安心して医療を受けることの出来る環境つくり
◆未然にリスクを回避する努力
医療の安全を確保する活動
 当院では、「医療安全」対策を“医療の質を高めるクオリティ・マネジメントの一環として取り組んでいます。
 人間のミスを100%防ぐ事は不可能です。しかし、患者さまの疾患に対して医療水準にかなった“最善の診療”を行なうべく努力することが私たちの使命だと考えています。そのために、安全に対する意識の向上、診療ガイドライン作成など病院全体が一つになり、“安全”な医療を提供できるよう、仕組みづくりや職員教育に力を入れています。
医療安全管理室の役割と主な活動
1)役割
当院は2006年4月に「医療安全管理室」を開設し、専任の職員(リスクマネージャー)を配置しています。職員が安全に仕事が出来、患者さまが安心して治療や看護を受けることの出来る環境作りがリスクマネージャーの主な仕事です。医療安全のための仕組みづくりには、まず“現場で何が起こっているか”を把握する必要があります。そしてそれを個人の体験に留めておかず、全職員で共有して再発防止を図り、医療の質の向上を目指しています。
また、職員への教育・研修にも力を入れ、外部講師を招いて全職員対象の講演会の開催や、2007年から「KYT(危険・予知・訓練)」を導入し全職員で医療事故防止に取り組んでいます。
 
2)主な活動
(1)患者さま・職員の安全を守る
(2)事故時の対応
(3)患者さまからのクレーム対応
(4)事故報告集計・分析
(5)医療安全に関する情報発信
(6)医療安全に関する研修会の企画・運営
最後の安全確認は患者さまご自身で
 安心・安全な医療を受けていただく為、患者さまご自身も受けられる検査や治療の内容を理解して、自分の医療に参加するように心がけて頂くことがとても重要です。最後の安全確認は患者さまご自身によります。
 検査や治療の内容がわからないときは、主治医や看護師に遠慮なくお聞きください。また、他の医師や、他の病院の意見が聞きたいときは、主治医にお申し出ください。医療の内容が理解できない場合や、主治医には聞き難い内容などは医療福祉相談室をご利用ください。
職員の安全を守る取り組み
 当院では、患者様の安全を守る事を第一に考えて活動をしていますが、職員の安全を守る委員会(ハラスメント委員会)も設置しています。
 職員一人一人が幸せでやりがいのある病院(経営理念)であるために、患者さまからのハラスメント・職員間でのハラスメントの防止に努めています。
 暴言・暴力による心のダメージから医療サービスの低下につながらないよう、様々な活動を通じて、より良い医療環境・職場環境作りにつなげています。
関連施設 | 患者さまの権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.