経営理念

  • 1. 人を大切にする心で支援します。
  • 2. 利用者の信頼を喜びとします。
  • 3. 人間の持つ可能性を追求します。
  • 4. 地域と共に歩みます。

挨拶

部長写真

たんぽぽの綿帽子とともにあなたの所へ伺います

皆さまの住む街を訪問看護たんぽぽ号に乗って、看護師・理学療法士・作業療法士が利用者さまのお宅を訪問させていただいています。
リハビリを少しずつおこないトイレに一人でいけるようになりたい。退院して住み慣れた家で家族と生活がしたい。人生の終焉をご自宅で迎えたい等思われている利用者さま、ご家族の気持ちに寄り添い喜びや悲しみを共有しながら日常生活を支援していきたいと思います。
かかりつけの先生・ケアマネージャー・ヘルパー・ソーシャルワーカー達と連携をはかり協力しながら、利用者さま・ご家族さまの生活をこれからも支えていける存在でありたいと思います.訪問看護ステーションたんぽぽをどうぞ宜しくお願いします。

業務概要

当ステーションでは、看護師とリハビリテーションスタッフが密に連携し、利用者が住みなれたご自宅でより快適に自分らしく生活が送れるように、御本人の持てる能力に応じた援助をさせていただいております。
また、介護をする方も受けられる方とともに安心していただけるように24時間連絡の体制を整え、サービスをおこなっております。

特徴・特色・活動状況

・24時間利用者からの相談をお受けできる体制を取っています。
・自宅で快適に生活が送れるよう、多職種と連携しサポートします。
・退院後の生活や、介護に不安がある方は、お気軽にご相談ください。
・理学療法士、作業療法士が訪問してリハビリテーションをします。

訪問看護 ・ 病状の観察、健康管理

・ 清拭、ベッド上での洗髪、入浴介助など清潔のケア
・ 褥瘡など皮膚の処置
・ カテーテル、人工呼吸器管理など医療処置
・ 食事、排泄などのケア
・ 薬の管理
・ 療養生活、看護介護方法に関する相談助言
・ 精神、心理面のケア
・ ご家族の健康問題や介護、悩みの相談
・ 終末期のケア
・ かかりつけ医との連携、調整  など

活動写真

訪問リハビリ ・ ご自宅の生活場面に合わせた起居動作練習

・ 自宅内や屋外での実用的な歩行練習
・ 入浴・排泄・食事などの日常生活動作の練習
・ 関節可動域運動や筋力増強運動などの機能訓練
・ ご自宅で可能な練習方法の指導
・ ご家族への介助指導
・ 福祉用具の選定・提案
・ 住宅改修(手すり・段差解消など)のアドバイス
・ 生活し易い環境づくりへのアドバイス  など

スタッフ紹介

スタッフ写真
スタッフ写真

看護師6名、理学療法士2名、作業療法士1名です。
今年、新人看護師を迎えて笑顔で元気に利用者さまのお宅を訪問しています。
利用者さまの生活に目を向け、思いに寄り添う看護がしたいという気持ちを大切に、スタッフ一同切磋琢磨しながら頑張っています。

ご利用方法

訪問看護、リハビリをご利用いただける方は以下の通りとなっております

介護保険の利用者

要支援または要介護認定を受けた方

医療保険の利用者

・ 介護保険制度の適応とならない方(乳幼児から高齢者まで)
・ 要介護者で急性憎悪などにより頻回の訪問看護が必要な方
・ 厚生労働大臣が定める疾患の方

※ご利用を希望される方は、まずはかかりつけの医師、ケアマネージャー、訪問看護ステーションにご相談下さい。

介護保険による訪問看護、リハビリの料金

対応エリア

主には岡山市中区でおこなっています。
北区、南区、東区の一部地域については相談の上、対応させていただきます。

●介護保険による訪問看護、リハビリ
介護報酬の1割または2割を自己負担
・看護…30分未満 480円/1回
・看護…30分以上60分未満 840円/1回
・看護…1時間以上1時間30分未満  1,150円/1回
・リハビリ…40分 630円/1回
・リハビリ…60分 850円/1回
夜間(18~22時)料金は1.25倍。
深夜・早朝(22~6時)料金は1.5倍。
交通費はサービス提供地域にお住まいの方は無料です。

●医療保険(老人保健・健康保険)による訪問看護、リハビリ
診療報酬の該当保険の一部負担金分を自己負担
老人保健:一般の方は1割負担
     所得に応じて3割負担
健康保険:該当の負担割合分
交通費は、ステーションからの片道距離に応じて1回ごとに必要です。
・片道…2km未満 320円/1回
・片道…2km以上4km未満 550円/1回
・片道…4km以上6km未満 870円/1回
・片道…6km以上8km未満 1190円/1回
・片道…8km以上10km未満 1,500円/1回
・片道…10Km以上 1,700円/1回
※各種保険のほか、公費負担医療制度もお取り扱いしています。

質問コーナー

病院を退院するにあたって今後、訪問看護の利用を考えているのですが…?

主治医、病棟看護師に相談していただき、退院の見通しがつけば退院前に打ち合わせをさせていただきます。
必要時には介護保険の要介護認定を受けてください。

介護保険と医療保険の利用にはどのような違いがあるのですか?

サービスの内容は同じですが、支払う金額と利用できる回数などが違います。
40歳以上の要介護認定を受けている方は原則介護保険での利用となります。
ただし、その中で悪性腫瘍終末期の方、難病指定を受けている方は医療保険での利用となります。
介護保険の要介護認定を受けていない64歳以下の若年者は医療保険での利用となります。

訪問スタッフはどのような人たちですか?

20代から50代まで幅広い年齢層で、様々な病院、病棟、外来の勤務経験のある看護師、理学療法士、作業療法士が勤務しております。
また、男性と女性が勤務しておりますので、多様なニーズにお答えできます。 みんな明るく楽しいスタッフです!

お問い合わせ

[営業日時]
月曜日~土曜日 9時~18時
※日・祝日・年末年始(12/29~1/3)
 は休業いたします。
訪問看護ステーション たんぽぽ
〒703-8265
岡山市中区倉田567-1(岡山旭東病院内)
TEL/FAX (086)276-6051
メール houmonkyokuto.or.jp
お申し込みは当訪問看護ステーション、または、かかりつけ医師にご相談ください

ページのトップへ