診療概要

神経系は大脳、小脳、脊髄、末梢神経などからなり、運動、感覚、知能、精神活動、心臓、消化管の運動や、排尿、排便、血圧の調整などをおこなっています。神経内科ではこれら神経系および筋の異常で生じる意識・認知機能障害、運動障害、感覚障害、自律神経障害などに対し、診断と内科的治療をおこないます。

神経内科に関係する症状

主な対象疾患・症状には脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、神経変性疾患(パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、筋ジストロフィー症など)、認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症など)、神経免疫疾患(重症筋無力症、多発性硬化症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群など)、脳炎、脊髄炎、てんかん、頸椎症、各種末梢神経障害(顔面神経麻痺、三叉神経痛、多発性神経炎など)、頭痛、めまい、しびれ、けいれん、眼瞼下垂などがあります。

治療している主な病気

脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、椎骨動脈解離)
神経変性疾患(パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症)
認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、血管型認知症)
神経免疫疾患(多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群)
てんかん、末梢神経障害、帯状疱疹、ボツリヌス治療
頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)、めまい、しびれ

特徴・特色・活動状況

当院神経内科は、入院においては脳卒中センターでの活動を中心に、パーキンソン病、てんかん、髄膜炎など、神経疾患急性期や急性増悪時の救急対応に重点を置いています。脳神経外科、放射線科、内科、麻酔科など、小規模専門病院ならではの他科との素早い連携がポイントです。リハビリテーション科と連携した早期からのリハビリも特色です。
外来では脳卒中、パーキンソン病、認知症、てんかん、神経免疫疾患などの診断、治療をおこなっています。毎日20~40人の初診患者さんがおいでになりますが、大半は初診日に血液検査、頭部MRI・MRA検査、認知機能検査、電気生理学的検査(脳波、筋電図)、超音波検査などが完了します。早期に診断、治療方針をお話しできるのが誇りです。 退院後や、外来通院患者さまにはかかりつけの先生や訪問看護、介護スタッフと協力し、快適な在宅療養に向けたネットワークによる治療を大切にしています。
また、パーキンソン病健康教室を年2回開催しております。

日本神経学会専門医教育関連施設、日本脳卒中学会専門医研修施設、日本てんかん学会研修施設 

活動写真
パーキンソン病健康教室

医師紹介

noimg写真
柏原 健一
かしはら けんいち
職名 神経内科部長 脳卒中センター長
専門領域 神経内科
得意分野 脳梗塞
パーキンソン病
認知症
てんかん
頭痛
神経免疫疾患
大学卒業年 昭和56年
主な資格 日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本てんかん学会専門医
精神保健指定医
主な所属学会 日本神経学会
日本頭痛学会
日本神経治療学会
日本脳卒中学会
日本てんかん学会
Movement Disorder Society of Japan
Movement Disorder Society
メッセージ 神経の病気は良くなる!
趣味 山と温泉、運動全般下手の横好き
noimg写真
大野 学
おおの まなぶ
職名 主任医長
専門領域 神経内科
大学卒業年 平成3年
主な所属学会 日本神経学会(専門医)
日本内科学会(認定内科専門医)
noimg写真
河田 幸波
かわだ さなみ
職名 主任医長
専門領域 血管障害
血管内治療
主な資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
主な所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳神経血管内治療学会
日本東洋医学会
noimg写真
北山 通朗
きたやま みちお
職名 主任医長
専門領域 神経変性疾患
神経免疫疾患
認知症
得意分野 パーキンソン病
多発性硬化症
認知症
研究 パーキンソン病臨床研究
大学卒業年 平成7年
主な資格 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
日本認知症学会専門医
日本認知症学会指導医
日本神経学会指導医

ページのトップへ