診療概要

脳・神経・運動器の専門的総合病院である当院の対象疾患(脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞、四肢骨折など)を基本として、いわゆる2次救急病院として幅広く多くの救急疾患を受け入れています。ただし、当院での根本的治療が困難で、かつ緊急処置を要する病態(急性心筋梗塞、肺塞栓症、血気胸、大動脈瘤破裂、大動脈解離や急性腹症など)、あるいは多発外傷や敗血症などのいわゆる3次救急病院の対象病態については、患者さまのメリットを考慮して直接他院への受診をお勧めする場合や一旦お受けしても速やかに適切な病院に責任を持ってご紹介・転送する場合もあります。

特徴・特色・活動状況

救急の現場は、患者さまやそのご家族にとって時間的にも精神的にも余裕がない場合が多いものです。そういった救急の現場にこそ、医療従事者の細やかな心遣いや思いやりが一番必要です。そのことを肝に銘じて日々の様々な診療にあたるよう努力してまいります。

活動写真

スタッフ紹介

写真

 突然の病気や怪我の場合、本人のみならずご家族の不安や心配は計り知れないものがあります。岡山旭東病院の救急室スタッフは、そういった状況におかれた患者さまやそのご家族の気持ちにそっと寄り添う心を常に忘れずにいたいと考えています。その上で患者さまにとって最良と思われる治療をご提供していくことを目標にしています。また、頭痛、麻痺、意識障害、嘔吐、腹痛、胸痛、四肢の疼痛・変形など様々な症状で来院された患者さまが当院で最良の治療がご提供できる病態かどうかを迅速に判断することもまた当院救急室の重要な役割です。そのために、日々診断技術の向上に努めています。

写真

 限られた時間と少ない情報の中で、緊急度・重症度を判断するトリアージをおこない、専門知識を持って患者さまやご家族の方が安心して医療が受けられるように日々研磨しております。来院の際は気兼ねなくお声をかけてください。

医師紹介

院長写真
田中 礼一郎
たなか れいいちろう
職名 副室長
専門領域 救急医学
得意分野 外傷、熱傷、中毒
留学先 UMDNJ (University of Medicine and Dentistry, New Jersey)-New Jersey Medical School Dept of Surgery
研究 敗血症発症機序
大学卒業年 平成3年
主な資格 救急科専門医
日本救急医学会指導医、日本外傷学会専門医
日本医師会認定産業医、日本外科学会専門医
メッセージ 常に患者さまの利益を最優先に考えたいと思います。

ページのトップへ