診療概要


機能を回復すること、社会生活の質(QOL : quality of life)を向上させることを主たる目的とする外科系専門科です。頭のてっぺんから足の先まで、全身のあらゆる部位の異常や形態変化を対象としており、具体的には外傷、熱傷(やけど)、顔面骨折、体表面の先天奇形、眼瞼下垂、嵌入爪(まき爪)、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕・ケロイド、褥瘡・皮膚潰瘍の治療をおこないます。
※当院では、レーザー治療はおこなっておりません。ご希望の場合は紹介状をお書きします。

形成外科に関係する症状

外傷、熱傷(やけど)、顔面骨折、体表面の先天奇形、眼瞼下垂、嵌入爪(まき爪)、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕・ケロイド、褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)

治療している主な病気

顔面の変形、皮膚のひきつれ、やけど、あざ、血管腫、巻き爪、陥入爪、唇裂、 小さい耳症、手足の先天奇形、皮膚の腫瘍、がん等の形成外科的疾患、手足の神 経麻痺、顔面神経麻痺、骨髄炎、糖尿病などに対する四肢温存手術、切断された四肢、手指の再接着、失われた乳房の低侵襲での復元、リンパ浮腫、陰茎欠損の再建、治りにくい皮膚の傷、床ずれなど頭頚部がんの治療と手術後の変形(下顎骨欠損、顔面神経麻痺など)

特徴・特色・活動状況

岡山大学附属病院との連携を密にしており、顕微鏡下血管吻合術など高度な集中治療の必要な患者様の紹介、転院もスムーズにお受けしています。
※ 予約診療になりますので、あらかじめご予約お願いいたします。

質問コーナー

形成外科と整形外科はどう違うのですか?

整形外科とは、骨や筋肉、腱、関節等を扱う科で、骨が折れた時や、捻挫した時などに、 受診する科です。
形成外科とは大きく2つの分野があり、体の表面の変形、色調異常などをできるだけ正常 の状態にする形成再建外科分野と、正常の状態をより美しい状態にする美容外科分野があ ります。
ちなみに同じ骨折でも顔の骨折は形成外科が担当します。 俗語で「美容整形」という言葉がありますが、このような標梓科は正式には存在しません。正しくは「美容外科」といいます。


最近まぶたが重くなり、視界がわるくなったのですが…?

眼瞼下垂(がんけんかすい)が疑われます。
眼瞼下垂は様々な原因によってまぶたが垂れ下がって視界を邪魔する状態のものをいいます。これが肩こり、頭痛の原因になることもあります。手術治療はまぶたの余分な皮膚を切除したり、二重をつくったり、まぶたを持ち上げる筋肉を操作したりと、さまざまです。 詳しくはこちらをご覧ください。
眼瞼下垂パンフレット(PDF)

足の爪が膿んでいます。痛みが強いのですが…?

陥入爪(かんにゅうそう)あるいは巻き爪が疑われます。
これは爪の端が皮膚に食い込んで、痛みや炎症をひきおこします。 足の親指に多く、深爪・靴による圧迫・スポーツなどが誘引となります。他にも骨格や爪水虫が原因のこともあります。
治療法としては、軽いものは爪と皮膚の間にコットンなどをつめて皮膚への刺激を和らげるだけで治ることもあります。 爪の湾曲がひどい場合は弾性ワイヤーで矯正することもありますが、効果が出るのにやや時間がかかります。 ひどいものは爪の端を引き抜いて、爪の根本を薬品で処理することもあります。
陥入爪パンフレット(PDF)

イボをとりたいのですが、どのような方法がありますか?

「イボ」とは一般的に「皮膚の小さなできもの」の総称です。
切除と焼灼がありますが、どちらの方法で行うかは、診察の上で決めます。
どちらの場合も局所麻酔、外来通院で可能です。
尚、当院ではイボにたいするレーザー治療は行っておりません。
また、診察して必要があれば切除したイボを病理組織検査に提出してどういう性質のもの
かを調べることもあります。

ホクロをとりたいのですが、どのような方法がありますか?

切除とレーザーがあります。
切除する方法は、ホクロの大きさに一致した長さの細い傷が残ります。しかし黒いホクロに比べれば目立たない傷です。
レーザー治療もありますが、当院ではおこなっていないため、ご希望があれば他院へご紹介いたします。しかし、レーザー治療の場合には、完全には取れない、再発する、複数回の治療になることなどが欠点としてありますのでご了承下さい。  
また、診察して必要があれば、切除したホクロを病理組織検査に提出してどういう性質のものかを調べることもあります。

ページのトップへ