診療概要

日本医学放射線学会の画像診断専門医3名と非常勤医師2名で、MR、CT、核医学検査(PETなど)を読影しています。現在の医療は画像診断なくして成り立ちません。しっかりとした画像診断が医療の質の向上に寄与していきます。私たちが患者さまと直接お会いする機会は少ないですが、影から診療を支えるべく、日々モニターと向かい合っております。早期にがんを発見しようという検診業務にも携わっています。また、院内のみならず、他院からの画像診断依頼にも対応しています。検査内容等でご質問のある方はお気軽にお尋ねください。

特徴・特色・活動状況

読影室

CT、MRI、PET-CTを含む核医学検査、および検診で撮影される胸部写真、胃透視の全検査について、報告書を作成しています。常に迅速かつ正確な診断を心がけています。
当院ではCT1台、MRI4台(3.0T 2台、1.5T 2台)、PET-CT2台、SPECT-CT1台を導入しています。各機器と読影室の画像ビューワーがネットワークで繋がれており、検査後ただちに画像を見ることができます。撮影室と連絡を取りながら、必要と思われる3D画像や再構成画像を作成し、患者さまの治療に役立つ正確な画像診断を常に提供できるよう努めています。

活動写真

医師紹介

常勤医師 3名
(以下の資格を有する医師が在籍しています)

・日本医学放射線学会 放射線科専門医
・日本核医学会 専門医
・日本核医学会 PET核医学認定医
・日本医師会認定産業医
・臨床研修指導医
・肺がんCT検診認定機構 認定医
・マンモグラフィ読影認定医

ページのトップへ