業務概要

近年、地域や在宅で療養される方の増加に伴い、外来看護に求められる役割や機能も変化しています。救急看護や専門性を活かした看護を実践しながら、看護指導や看護相談にも対応しています。また、外来は患者さまと出会いの場であり、その出会いを大切に、地域と病院・病院と地域をつなげられるような看護を実践しています。

特徴・特色・活動状況

外来は、脳・神経・運動器疾患の総合的専門科があり、各診療科で専門的な看護を実践しています。また、救急看護の実践や、内視鏡検査・PET・SPECT・サイバーナイフの診療・検査補助も担当しています。夜間は当直制で、医師・看護師各1名で対応しているため多職種との連携が必須で、ICUスタッフへ応援を依頼しています。

活動写真

スタッフ紹介

スタッフ写真

外来は看護師18名・看護アシスタント1名・外来クラーク4名で各診療科での専門的な看護・診療補助を実践しています。救急看護認定看護師や各診療科・検査など専門的知識を持った看護師が活躍し、子育てしながらの短時間正職員も頑張っています。皆で患者さまとの出会いの場を大切にしています。

質問コーナー

外来の待ち時間について

時折60~90分くらいの待ち時間となることがありますが、30~60分で診察に一度は入っていただけるように努力しています。当院は、予約・紹介状をお持ちの方から優先して診察させていただいています。診療中でも急変の方などの対応は優先にさせていただいているのでお待ちいただく事もあります。ご理解ください。


入院中、家族の付き添いは必要ですか?

必ずしも必要では有りませんが、状態によっては患者さまの安全のため付き添いをお願いすることがあります。ご了承ください。

ページのトップへ