業務概要

「ITを利用してできる医療とサービスの追求」という部署の理念のもと、システムの企画提案、開発、保守管理などを行っています。電子カルテ、画像/レポート、各種部門システムなどの基幹業務システムに加え、地域連携、インターネット予約、グループウェア、eラーニングといった多種多様なシステムを管理しています。

特徴・特色・活動状況

2012年3月に電子カルテシステムを更新(富士通EGMAIN/GX)。全館WIFI対応などインフラ整備と共に、「ITによる見える化」をテーマに様々な取り組みを実施。いつでもどこでも学習できる環境整備としてeラーニングの活用も推進しており、2016年10月に日本eラーニング大賞の厚生労働大臣賞を受賞しました。

活動写真

スタッフ紹介

スタッフ写真

情報システム課は兼任の課長1名と上級医療情報技師の資格を持つ専任のシステムエンジニア1名で構成されています。医療を取り巻く環境は日々変化しています。ITについても同様です。環境の変化に即応しつつ、ITで医療に貢献できるよう日々努力しております。

質問コーナー

電子カルテのメリットって何ですか?

●サービス向上
・外来待ち時間の短縮
●業務効率化
・伝票搬送が不要で、診療時間の短縮につながる
●医療の質の向上
・検査結果、画像などを表示して分かりやすく説明可能
・多職種での情報共有が容易に可能
●安全管理
・紙と違い転記ミスがない
・様々なチェック機能でヒューマンエラー防止

ページのトップへ