業務概要

身体機能の早期回復の為、発症早期、手術翌日からリハビリを始める事が大切です。主に、急性期の脳血管障害・神経変性疾患が多く、関節外科は、変形性関節症による人工関節全置換術・人工膝関節単顆置換術・高位脛骨骨切り術、前十字靭帯損傷、骨折等の外傷患者の術前・術後、退院後のフォローまでおこなっております。

スタッフ紹介

スタッフ写真

より良いチーム医療サービスを提供するため療法士の病棟配置体制をおこなっており、発症後超急性期からベッドサイドでの訓練を開始しています。土日祝も訓練を実施する週7日制をおこなうことで廃用を予防し、また地域包括ケアシステムの中で在宅スタッフと連携を取りながら早期からの退院支援もおこなっております。

特徴・特色・活動状況

理学療法部門

スタッフ全員がBLS講習(AHA・日赤)の心肺蘇生講習を受講し、急性期の重症脳血管障害患者や神経筋疾患、その他の二次的合併症による人工呼吸管理患者などへの呼吸理学療法もおこなっております。また、整形外科全般の患者も多く中でも靭帯損傷などスポーツ外傷の患者に対しては入院や外来でチームを組んで対応しています。

理学療法部門

作業療法部門

特徴として病棟専従リハビリを混合チーム(PT・OT・ST)として各病棟に配属され他職種と協業しながらADL活動作練習を中心に日々作業療法実施しています。 又、高次脳機能障害に呈した方への自動車運転評価・助言を他職種・他機関(自動車免許センター・各自動車学校)と連携しながら実施しています。

作業療法部門

言語聴覚部門

言語聴覚部門では医師指示のもと、成人の嚥下障害、失語症、構音障害、音声障害に対応しています。特に嚥下障害においては、リハビリテーション科医師、看護師、管理栄養士、歯科衛生士、PT・OTなど他職種と連携し、早期の経口摂取の開始と安全な摂食ができるよう努めています。

言語聴覚部門

臨床心理部門

心理部門では、物忘れをはじめとする心理検査や患者・ご家族さまへのカウンセリングをおこなっています。最近では、MCI(軽度認知障害)への関心が高まるとともに「思い出しにくくなった」等の変化で早めに受診していただけるようになりました。今後は、運動と認知トレーニング等の認知症予防にも力を入れていきたいと考えています。

臨床心理部門

ページのトップへ