業務概要

近年の医療技術の進歩は目覚しく、次々と新しい医療機器が開発されているなか、我々は医療機器の管理及び臨床業務提供をおこない、チーム医療の一員として業務をおこなっています。当院での業務内容は、医療機器管理業務や呼吸療法業務、手術室業務、手術用ナビゲーション業務などをおこなっています。

特徴・特色・活動状況

手術室業務

近年、手術領域でも高度な医療機器が増加しています。当院ではより質の高い機器管理と手術室業務確立を目的とし、医療機器のスペシャリストである臨床工学技士による、清潔補助業務(器械出しなど)や機器管理業務をおこなっています。また、手術用ナビゲーション業務などチームの一員として、他職種と連携し業務をおこなっています。

活動写真

ラウンド業務

当院では臨床工学技士がRST(呼吸支援チーム)に参画し、人工呼吸療法や酸素療法をおこなっている患者さまに対し、医師・看護師・理学療法士と病棟ラウンドをおこなっています。また、各病棟の除細動器・ポンプ類・生体情報モニターに対しても、日々点検ラウンドを実施し、安心・安全な医療を提供できるよう努めています。

活動写真

スタッフ紹介

スタッフ写真

当院の臨床工学課は、現在6名の臨床工学技士により組織されており、業務内容を手術室業務と機器管理業務に大別し、ローテーション体制にて日々業務を行っています。領域ごとに担当者を決め、一人ひとりが医療機器のスペシャリストという立場に立ち、より良い医療を患者様に提供できるよう励んでいます。

質問コーナー

「臨床工学技士」って何?

患者さまが臨床工学技士に接する機会は他職種に比べて少なく、どんな仕事をしているかは、あまり知られていないのではないでしょうか? 臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組み生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるよう保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に努めています。

病院にはどんな医療機器があるの?

院内には人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、フットポンプ、生体情報モニター、除細動器、麻酔器、超音波診断装置など数多くの医療機器が存在します。詳細は下記のリンクをご覧ください。

臨床工学技士になるには?

高等学校卒業後に臨床工学技士養成校(大学、短期大学、専門学校)で学び、その後、国家資格を受験し合格すると、臨床工学技士の免許を取得することができます。

ページのトップへ