業務概要

岡山旭東病院は、画像診断・放射線治療に力を入れており、3テスラ-MRI、PET/CT、64列マルチスライスCT、サイバーナイフ、血管撮影装置、X線撮影(トモシンセシス)を導入しています。私たちは、患者さまが安心して検査や治療を受けていただけるように、質の高い医療を提供できるよう日々研鑽に努めています。

特徴・特色・活動状況

サイバーナイフ

サイバーナイフとは、ロボットアームと位置認識システム(自動追尾システム)を有する定位放射線治療装置です。当院は、日本で3番目にサイバーナイフを導入し、2000年6月より治療を開始しました。毎年280名前後の患者さまを治療させていただいており、2015年9月には4,000症例を迎える事ができました。

活動写真

先端医療機器の充実

がんなどの病気を発見するPETとその詳細な位置の特定が可能なCTを組み合わせたPET/CT、高磁場で高画質の3テスラMRI、短時間で広範囲の撮影が可能な64列MDCT、血管内治療に必要なフラットパネル搭載の血管撮影装置など、当院には多くの先端医療機器が導入されています。

活動写真

365日24時間体制

X線撮影、MRI、CT、は24時間体制で、早期診断・治療に役立つ画像診断情報の提供を心がけています。また、夜間休日を問わず緊急手術、血管内治療への対応もおこなっております。最近では、急性期脳梗塞に対して、詰まった血管を開通させる血栓溶解術を積極的におこなっています。

活動写真

スタッフ紹介

スタッフ写真

放射線課は現在22名の診療放射線技師と、7名のアシスタントで業務に取り組んでいます。医療技術の発展と共に放射線機器も著しく進歩していく中で、放射線治療専門技師、放射線治療品質管理士、MR専門技術者、X線CT認定技師など、各部門で専門の資格を有するスタッフが業務をおこなっています。

質問コーナー

頭痛がするのですが、検査をしていただけますか?

当院の外来を受診していただければ、症状に応じて検査を受けることが出来ます。脳卒中が疑われる場合にはMRI検査を、頭をぶつけたなどの頭部外傷の場合にはCT検査をおこなうことが多いです。また、かかりつけの病院からご紹介をいただければ、当院にて検査のみをおこなうことも可能です。紹介検査では、土曜、日曜の検査予約も可能ですので、かかりつけの病院にご相談ください。

がんや脳卒中が心配で検診を受けてみたいです。

当院には、PET/CTを用いたPETがんドック、3テスラMRIを用いた脳ドックなどがございます。心臓ドック、内臓脂肪測定、人間ドック、乳がん検診などを受けることも出来ます。当院の健診センターへお問い合わせください。

検査を受ける予定ですが、被ばくが心配です。大丈夫でしょうか?

医療で受ける放射線は、人体に影響を及ぼすほどの量ではありませんので、安心して検査を受けていただければ良いと思います。我々、放射線技師も放射線の量をできる限り少なくするように検査をおこなっています。もし不安があれば担当者にご相談ください。

ページのトップへ