業務概要

“食を通じた癒しの追求”、“顔の見える栄養管理”を軸とし、管理栄養士・調理師が一丸となって患者さまの食生活サポートや、食事の時間が楽しみになるような食事提供ができるよう努めています。

特徴・特色・活動状況

食へのこだわり

旬の食材を使用し食事で四季を感じられ、味だけではなく見た目にも楽しんで頂けるよう努めています。普段の料理とはひと味違う食材や調理法を用いた“選択食メニュー”、旬の食材をふんだんに使用した“季節の弁当”など「病院食らしくない食事」を目指し経験豊富な料理長と共に日々工夫を重ねています。

活動写真

食と癒しのコラボレーション

院内にて患者様やご家族、お見舞いの方を対象に調理師が心をこめた手作りのお菓子とお茶でおもてなしする「アフタヌーンティーサービス」、全病棟を対象に各お部屋に手作りのお菓子を運ぶ、「ワゴンサービス」を行っています。お菓子やお茶と共に会話を楽しみ、やすらぎのひとときを感じて頂けるように心がけています。

活動写真

顔の見える栄養管理

多職種と連携しながら、患者様に寄り添った栄養管理を追究するため、管理栄養士5名がそれぞれ担当の病棟で活動しています。また、食事時には調理師も病棟で「ミールラウンド」を行い、患者様とのコミュニケーションを大切にしています。食事に対する安心感と信頼度を高めて頂けるよう栄養課一同、より一層努力していきたいと思います。

活動写真

スタッフ紹介

スタッフ写真

管理栄養士5名・調理師11名・調理パート3名。直営のスタッフで運営しています。スタッフは20代・30代が中心と比較的若いスタッフが多いため、何事にもチャレンジ精神を持ち業務に励んでいます。

質問コーナー

アフタヌーンティーサービスは誰でも参加出来ますか?

どなたでもご参加いただけます。
毎月1回、14時30分~15時30分で本館2階の憩いの間にて、患者さま・ご家族やお見舞いの方などを対象に参加無料でおこなっております。お気軽にお越しください。



栄養指導を受けたいのですが、どのようにすれば良いですか?

外来で来られた場合には診察時に医師にお申し出下さい。入院中の患者様は直接管理栄養士又は看護師にお尋ね下さい。糖尿病などの生活習慣病の栄養相談だけではなく、最近食欲が無くなった、食べ物が飲み込みにくくなった等、食事に関する疑問はお気軽に管理栄養士にお声がけ下さい。

ページのトップへ