岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
患者様ライブラリー
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
>>きょくとうびょういん探検隊 一覧
赤い鼻がポイント!
 正面玄関を入廊下を直進し、トイレ、売店を過ぎた右手に木製のドアがついた多目的ホールがあります。
 このホールでは健康・園芸・道化などの教室をはじめ、テレビやラジオで活躍中の音楽家によるコンサートや職員の勉強会などがおこなわれます。駐車場に面した壁沿いにならぶ照明につけられた赤い鼻がポイントです。このホールは映画のモデルにもなったアメリカの医師 パッチ・アダムスから命名されました。この赤い鼻は彼のトレードマークです。
 私は映画「パッチ・アダムス」を観て、愛情・笑い・ユーモアがどれほど人の心を癒すのかというメッセージを強く感じ、実在の人物に会いたいと強く思いました。縁あって、東京と岡山でのパッチ・アダムス日本公演が企画され、多くの方々のご好意により、当院職員を中心に2002年9月1日、Drパッチ・アダムス岡山講演会が実現。講演会は聴衆1500名とともに熱気あふれるものとなりました。
 パッチ・アダムス氏のメッセージは「患者さまに対して“愛情のこもった笑顔とユーモア”で接することの大切さ」でした。この病院文化をささやかでも広げていきたいという思いから、医師パッチ・アダムス氏の承諾を得て“パッチ・アダムスホール”と命名いたしました。
 このホールが病院文化の発信の場になることを願っています。
院長 土井章弘
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.