岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
患者様ライブラリー
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
2017年
響けココロに 9/22(水)
 松本圭介さんのよる、ギターコンサートを開催しました。「赤とんぼ」「川の流れのように」など知っている曲も、松本さんの歌声によっていつもと一味違う素敵な雰囲気になり、みなさま聴き入っておられました。松本さんのオリジナルソング「愛の唄」「sunrise」も披露してくださり、優しい歌声とギターの演奏に、みなさま素敵なひと時を過ごされました。
全日本おむつ団 ボランティア演芸会 9/20(水)
 全日本おむつ団団長、笑福亭鶴笑さんによる演芸会を開催しました。紙切り、マジック、パペット落語などを披露していただきました。コントをしながらはさみ1本で下書きもなしに浦島太郎やくまもんを切り抜く技や、パペット落語ではお手製のぬいぐるみで西遊記に登場する悟空と鬼の戦いを面白おかしく表現しました。数多の小道具を駆使し、趣向を凝らした仕掛けやお話に会場内は笑いが絶えませんでした。
第86回 転倒予防健康教室 9/19(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、管理栄養士 が 「バランスの良い食事について考えよう !」と題して講演し、タンパク質、カルシウム、ビタミンなどの栄養素の必要量や効果的な摂取方法をレクチャーしました。その後、作業療法士による「脳力U pで転倒予防」では、脳力を低下させないために、日常生活でおこなえる脳を活性化させる方法を紹介しました。
次回は、10月17日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


-Kenkaの世界-
山下虔華 書作展
9/8(火)〜 9/28(木)最終日15時まで
 2015年開催の「魚拓たちの戯れと共に展」に続き、ご厚意のもと、2度目の書作展を開催させて頂くことになりました。一面一魂、試行錯誤の中で創造と熱情を注ぐも、完成というものは永遠なるものであることを痛感しています。が、自身の今現在を形として発表できることは有難く幸せです。今回の出展は「魚拓に書」より小品5点と篆刻(てんこく)を含む約10点で、パネル、額、軸、扇子など多彩な仕上げです。ご高覧賜りたく存じます。
山下虔華
ギャラリートーク
展示最終日に作者 山下虔華さんによる作品説明会をおこないます。
日時:9月28日(木)14時〜15時
場所:健康の駅【参加無料】
おかやまあかいはな道化教室 9/10(日)
テーマ:コメディをつくり、演じてみよう!
案内人:塚原成幸 氏(道化師)
内容:「コメディとのつきあい方(コメディの面白味を体感する)〜出会いを驚きに変える、技を会得しよう〜」

「コメディと向き合うことは、自身の生活と向き合うことにつながり、自分の価値観との新たな出会い直しになる」。コメディづくりを始めると、本当のその人らしさが前面に現れてくるそうです。
この教室でご自身の中にあるユーモアの本質を探って、自由に表現し、自分の新しい一面を発見してみませんか?

次回、12月10日(日)13時〜16時
テーマ:「コメディとのつきあい方(コメディの面白味を体感する) 〜出会いを驚きに変える、技を会得しよう〜」
おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら
http://akaihana.sakura.ne.jp/
第58回 園芸教室 9/9(土)
 年4回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツを教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。
次回の開催は
12月16日(土)14:30〜となります。(※材料代1,000円)
 持参の鉢にも寄せ植えをしていただけます。自宅にあるお気に入りの鉢に寄せ植えをしてみませんか?お持ちいただいた方には草花の株を1つプレゼントしています。※お申込みの際に、鉢持参の旨をお伝えください。
医療安全管理研修会 9/7(木)
 テーマ『転倒・転落について 新たなアプローチの模索』と題し、全職員を対象に医療安全管理研修会を開催しました
 当院の理学療法士、看護師から転倒、転落の対策の取り組み、今後の展望について、医療安全管理室長から転倒・転落事故報告の分析の発表の後、パネルディスカッションをおこないました。
 当院はこれからも安心して生命をゆだねられる病院を目指し、日々邁進してまいります。


クッキー・生うどん販売 9/1(金)

 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は9/15(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。

アフタヌーンティー 8/30(水)
月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、和風パフェとフルーツパフェを提供いたしました。お飲物は、ほうじ茶・緑茶・紅茶・アップルティーを用意しました。ご家族、お子さんなどたくさんの方がお見舞いにこられ、にぎやかな楽しい会となりました。
次回は、9月27日(水)の開催予定で、メニューは秋のどらやきです。
安らぎと癒しのフラダンス 8/29(火)
 「聖約ゴスペルフラ」のみなさんにゴスペルフラダンスを披露していただきました。ゴスペルフラダンスは手話となっており、優しい動きで「花は咲く」「ふるさと」「主の押し絵を喜びとし」などを披露していただきました。11名の方々それぞれの思いが指先から足元全身で表現され、見ている観客のみなさんも心和やかになる素敵な会となりました。
 
糖尿病教室 8/23(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は臨床検査技師が「グルコーススパイク(血糖値の乱高下)とHbA1cの関係」と題し、講演しました。
 




第29回 パーキンソン病健康教室 8/19(土)
 神経内科部長 柏原健一医師のコーディネイトによる年2回開催の健康教室をおこないました。 今回は、京都大学神経内科 日本神経学会代表理事
橋良輔先生に「パーキンソン病との付き合い方」についてご講演をいただいたあと、シンガーソングライター の樋口 了一 氏に「パーキンソン病を背負って -歌声に感動が、勇気が、沸き上がる-」と題して、手紙〜親愛なる子供たちへ、1/6夢旅人2002などを歌い上げていただきました。最後に当院のリハビリテーション課スタッフにより「動いてみよう!生活の中でできるリハビリ」をご講演いただきました。たくさんのお申込みをいただき、330名のみなさんにご参加いただきました。


クッキー・生うどん販売 8/18(金)

 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は9/1(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。

職員対象バーベキュー懇親会 8/17(木)
 当院では年4回、職員同士の交流を目的に懇親会を開催しています。今回は職員対象のバーベキュー懇親会で、たくさんのご家族となりました。職員の作る焼肉、焼きそば、カキ氷などが振る舞われ、楽しい時間を共有し職員同士交流を深めることができました。今年も約200名の職員が参加し、交流を図りました。
職員が笑顔で楽しく働ける職場であり、職員間のコミュニケーションが円滑であることが、患者さまに、より良い医療を提供することにも繋がっていると思います。これからも、より良い医療の提供を目指し、職員が笑顔でやりがいを持って働ける職場づくりを目指してまいります。


第85回 転倒予防健康教室 8/8(火)

 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、岡山県武術太極拳連盟所属講師の丸谷治子さん、山口喜久子さんによる太極拳講習会を開催しました。太極拳を通して転倒リスクの軽減につながる体重移動やストレッチを学びました。最後には、剣舞を披露してくださり、いつもとは違う新鮮な教室となりました。
次回は、9月19日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。

 


クッキー・生うどん販売 8/4(金)

 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は8/18(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。

con FO−KOソプラノピアノコンサート 8/4 (金)
 グループ「con FO−KO(コン・フォーコ)」の3名によるソプラノピアノコンサートを開催しました。
上を向いて歩こう、心の瞳、愛燦燦などを2人の美しいハーモニーで歌い上げ、最後にロッシーニの「猫の二重奏」では小物を用いて、2匹の猫たちの魚の取り合いを面白可笑しく表現してくださいました。
あっという間に時間がたち、みなさん素敵なひと時を過ごされました。
クラリネットピアノコンサート 7/28(金)
 クラリネット栗原泉さん、ピアノ矢木裕子さんによるクラリネットピアノコンサートを開催しました。
ディズニーソング「美女と野獣」、シューベルトのアヴェ・マリア、チャルダーシュなど優しい音色で奏でてくださいました。夏のメドレーでは、みなさんと一緒にかもめの水兵さん、とんぼのめがね、お星さま、海などクラリネットとピアノの伴奏に合わせて歌いました。
あっという間に時間がたち、みなさん素敵なひと時を過ごされました。
岡山旭東病院 病院見学ツアー サマー企画 キッズ デイ 7/27(木)
 小学生を対象に、医療に興味を持ってもらうことを目的として病院見学ツアーキッズデイを開催しました。今回で7年目となるキッズデイでは骨について動画やクイズで身長の伸びる仕組みや骨折した骨の治り方を楽しく学びました。また、白衣を着て手洗い体験や救急車に乗ってみたり、検査機器MRIとCT室で脳の画像、検査室で血液についてしっかりと勉強しました。子供たちの夏休みの思い出になれば幸いです。
アフタヌーンティー 7/26(水)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、手作りジュース「ミルクセーキ・ベリースムージー・はちみつレモンジュース」の中から選んでいただき、アプリコットケーキを付けました。会場でミキサーを使って作ったので、とても喜ばれていました。1番人気は懐かしいと言う理由でミルクセーキでした。アイスや氷が材料なので、リハビリをされていた方やお風呂帰りの方が涼まれていました。
次回は、8月30日(水)の開催予定です。
糖尿病教室 7/26(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は医師が「糖尿病と認知症」と題し、講演しました。
「言葉の旅」-優しいときを- 7/21(金)
 朗読グループ「花音」の3名による朗読会を開催しました。
金子みすゞ詩集の「こだまでしょうか」「私と小鳥と鈴と」などをみなさんと一緒に大きな声で読み上げました。朗読作品「おこんじょうるり」では、朗読とキーボードの奏でる音色がより作品の臨場感を生み出し、おばあさんと狐の悲しくも心暖かくなるストーリーにみなさん、聴き入っていました。
あっという間に時間がたち、みなさん素敵なひと時を過ごされました。
水彩画教室 7/20(木)
 水彩画家の青木 由さんによる入院患者さんを対象にした水彩画教室を開催しました。
和やかな雰囲気で開催され、
風船、積み木、雑貨などをそれぞれ思い思いの水彩画楽しく描かれていました。
第84回 転倒予防健康教室 7/18(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 江草 真医師が 「新しい骨粗しょう症治療」と題して講演し、皆さんに骨折リスク評価ツールを参考に骨折発生リスクを計算していただきました。その後、理学療法士による「みんなで輪になり転倒予防」では、転倒予防のための複合課題トレーニングを行いました。
次回は、8月8日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
一般研修 7/14(金)
 テーマ:2025年のあるべき姿に向けて 〜2018年の同時改訂を控えた今〜
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。 テーマを「心を込めて今できること」としてグループに分かれて各自共同作業をおこない、相手の動作をよく観察し相手が何を求めているのかを考察する大切さを改めて学びました。その他研修委員による基調講演や感染管理の勉強をおこないました。一日の研修を実務につなげるため、最後には、一人一人が明日からできることを宣言しました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。


小橋卓郎 写真展    7/11(火)〜
8/31(木)最終日16時まで
 北海道の広い富良野の原野に魅せられて夏と冬に通い、写真を撮影しました。
まだ、デジタル写真の機具も出回っておらず、もっぱらフィルムを使っての撮影でした。 初夏は、岡山に比較すれば涼しいものの、機材を持っての移動や撮影の準備は大変です。冬は、スキーツアーに便乗していき、スキーをせずに雪の富良野周辺を撮影して巡りました。おかげで皆様にご覧いただける写真を撮影でき、展示の運びになりました。

小橋卓郎


クッキー・生うどん販売 7/7(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は7/21(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
新人メンタルヘルスフォローアップ研修 7/6(木)
今年度の4月に入職した、新入職員を対象に、メンタルヘルスのフォローアップ研修をおこないました。
講師は当院の心理士が担当。入職して約3か月経過し、職場や仕事に慣れてきた一方で、多くの悩みを抱えるこの時期に起こりやすい心の不安を解消するべく、私達の心に起こる変化とコミュニケーションと題し『ストレスチェック』や『性格検査』を受講しました。
今後も、当院の職員の一員として、仲間と支え合い、楽しくやりがいをもった仕事ができるよう、全職員で努めてまいります。
アフタヌーンティー 6/28(水)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、クレープアイス、マンゴープリンを提供いたしました。お飲物は、緑茶・紅茶・レモンティー・アップルティー・ほうじ茶を用意しました。
次回は、7月26日(水)の開催予定で、メニューはアプリコットケーキとスムージー(はちみつレモン・マンゴーラッシー・ミックスベリー)です。
糖尿病教室 6/28(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は薬剤師が「こんな時、薬はどうする?」と題し、薬の種類、シックデイや飲み忘れ時の注意点について講演しました。
第57回 園芸教室 6/24(土)
 年4回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツを教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。
次回の開催は都合により
9月9日(土)14:30〜となります。
(※材料代1,000円、グレードアップガーデニング教室は材料代2,000円)
持参の鉢にも寄せ植えをしていただけます。自宅にあるお気に入りの鉢に寄せ植えをしてみませんか?お持ちいただいた方には草花の株を1つプレゼントしています。※お申込みの際に、鉢持参の旨をお伝えください。
木管アンサンブルコンサート 6/23(金)
 グループ「木管あんさんぶる万富」のみなさんによる木管アンサンブルコンサートを開催しました。フルート、クラリネット3名、ファゴットの5名による「線路は続くよどこまでも」「さんぽ」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「いい日旅立ち」など、演歌からクラシックまで多ジャンルを披露していただきました。最後は観客のみなさん一緒にふるさとを歌い、楽しいひと時を過ごしました。
バルーンの会 6/22(木)
当院では人材育成の取り組みの一環として、入職5年目の職員を対象に研修会「バルーンの会」を毎年開催しています。
5年目を迎え、リーダーや育成役を求められる機会が増えています。職種を超えて、チーム医療を支え、協力しあえるよう話合うよいきっかけの場となりました。
彼らの今後の益々の活躍に期待しています。
第83回 転倒予防健康教室 6/20(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 土井 英之医師が 「椎体骨折について」と題し、骨粗しょう症と椎体骨折の原因・症状・治療法をご説明しました。その後、理学療法士による「〜明日から実践〜自分でできる転倒予防」の講演をおこないました。。
次回は、7月18日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
サブリーダー研修 6/17(土)
テーマ:2025年のあるべき姿に向けて〜2018年の同時改訂を控えた今〜 「覚悟を持って、今なすべきこと」
同財団の岡山リハビリテーション病院と合同で中堅職員対象のサブリーダー研修を開催しました。今回はディベートをおこない、サブリーダーとしての伝える力、考える力、チーム力を養いました。また、医療法人ハートフル アマノリハビリテーション病院 事務部長 宮本 一男 氏のご講演をはじめ、事例検討のグループディスカッションや発表もおこないました。
サブリーダーとしての役割を再認識することができ、とても有意義な研修となりました。


クッキー・生うどん販売 6/16(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は7/2(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
認知症サポーター養成講座 6/16(金)
 この養成講座は、認知症の方やそのご家族が地域で安心して生活できるように、認知症の理解者やサポーターが地域に増えることを目指して開催しました。
 地域の方と職員を対象に、「認知症を知って地域で支えましょう」をテーマに、認知症の方の正しい対応方法のDVD鑑賞や当院神経内科 北山医師による「認知症について」、リハビリテーション課による「認知症の方への対応について」を講演しました。受講終了者には認知症サポーターの証であるオレンジリングを授与しました。
 養成講座は地域(ふれあいセンター)でも定期開催されており、公民館や企業、学校でもサポーター養成研修がおこなわれています。みなさんで認知症を正しく理解し、地域で支え合っていきましょう。
感染管理研修会 6/15(木)
テーマ『感染対策にもコミュニケーションが大事』と題し、全職員を対象に感染管理研修会を開催しました。
 今回は、吉本総合芸能学院NSCの出身で現在放送作家として活躍しているWマコトのお二人にご講演いただきました。
職員同士コミュニケーションを取ることが感染管理に繋がることや、良好な人間関係を築くための手法などをユーモアを交えた漫才式のセミナーで教えていただき、笑いの絶えない研修会となりました。今回学んだことを生かして、当院はこれからも安心して生命をゆだねられる病院を目指し、日々邁進してまいります。
水彩画教室 6/15(木)
 水彩画家の青木 由さんによる入院患者さんを対象にした水彩画教室を開催しました。
和やかな雰囲気で開催され、
風船、積み木、雑貨などをそれぞれ思い思いの水彩画楽しく描かれていました。
西ア仁美ピアノコンサート 6/6(火)
 西ア仁美さんによるピアノコンサートを開催しました。「赤とんぼ変奏曲」・幻想曲「さくらさくら」・ショパンの「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」など披露してくださいました。ホールの外まで響いた綺麗な音色に、たくさんの方がお越しくださりみなさん素敵なひと時を過ごしました。
おかやまあかいはな道化教室 6/4(日)
テーマ:コメディをつくり、演じてみよう!
案内人:塚原成幸 氏(道化師)

 「コメディと向き合うことは、自身の生活と向き合うことにつながり、自分の価値観との新たな出会い直しになる」。コメディづくりを始めると、本当のその人らしさが前面に現れてくるそうです。
この教室でご自身の中にあるユーモアの本質を探って、自由に表現し、自分の新しい一面を発見してみませんか?

次回、9月10日(日)13時〜16時
テーマ:「コメディとのつきあい方(コメディの面白味を体感する) 〜出会いを驚きに変える、技を会得しよう〜」
おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら
http://akaihana.sakura.ne.jp/


若葉の会・新人フォローアップ研修 6/3(金)〜6/4(土)
 新入職員対象に研修を開催しました。当院の経営理念や学習環境の紹介など今年1年を有意義にできるよう同年代で多職種の観点から意見交換をしました。学習型病院を目指す当院の取り組みを新人に説明することで、病院全体での研修の流れを理解し、主体的に関わってもらえるよう始めた学習会です。積極的にコミュニケーションをとり、同年代の人間関係を深める研修となりました。
当院は今後も、「共育」の考えの基、職員が共に学び共に育つ学習型病院を目指し努めてまいります。


クッキー・生うどん販売 6/2(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は6/16(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
アフタヌーンティー 5/30(火)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
 今回は、コーヒーロール、カフェモカプリンを提供いたしました。お飲物は、緑茶・紅茶・レモンティー・アップルティー・ほうじ茶を用意しました。
 次回は、6月28日(水)の開催予定で、メニューはクレープアイスとマンゴープリンです。
花音ピアノコンサート〜空色の音符たち〜 5/29(月)
 グループ「花音」によるピアノコンサートを開催しました。4名による「日本の歌のメドレー」「ラ・カンパネラ」「星に願いを」「待ちぼうけ」「この道」など、ピアノソロから連弾や歌を披露していただきました。最後は観客のみなさん一緒にふるさとを歌い、楽しいひと時を過ごしました。
リーダー・医局研修 5/27(土)
テーマ:
2025年のあるべき姿に向けて
〜2018年の同時改訂を控えた今〜
2025年に向けて高齢化率は益々進行し、疾病構造の変化や人口減少も迎えていきます。政治・経済においても不安定な状況が続く中、2018年度には医療・介護同時改定も控えており、病院のあり方を問われる時代と言えます。
多くの喫緊の課題や今後の展望に向けて、互いに知恵を出し合い、支え合い、リーダーとして今為すべきことを考えました。今後も組織の結束を強め、よい医療を提供できるよう、努めてまいります。
パーカッションコンサート〜春の贈り物〜 5/26(金)
 パーカッショングループ「咲楽〜sakura〜」によるパーカッションコンサートを開催しました。「輝く未来」「川の流れのように」「ユー・レイズ・ミー・アップ」など、ピアノ、マリンバ、シロフォン、グロッケンシュピール、そして一見箱に見えるカホンなどさまざまな打楽器が登場し、みなさん音色の聴き入っていました。最後は、「情熱大陸 」「銀河鉄道999」で参加者のみなさんも手拍子で参加し、楽しいひと時を過ごしました。


吉備中央町の青い鳥
ブッポウソウ 写真展
  5/26(金)〜
7/6(木)最終日17時まで
 色鮮やかな青い羽根で大空を舞う美しい姿から、”森の宝石”と呼ばれているブッポウソウ。近い将来、絶滅の危険性が高い鳥類に分類されています。毎年5月のゴールデンウィークになると、岡山県の吉備中央町に子育てのためやってきます。
 このたび、飛翔から巣立ちまでを捉えた写真展を岡山旭東病院で開催いたしますので、是非ご覧ください。
第12回 癒しの環境院内学会 5/18(木)
 「心をこめて」をテーマに、第12回癒しの環境院内学会を開催しました。
はじめに、四国こどもとおとなの医療センターでホスピタルアートディレクターを務める森合音先生に「思いをかたちにする〜ホスピタルアートによる病院づくり〜」と題しご講演いただきました。
その後、職員からホスピタルコンシェルジュ、地域包括ケア病棟、サイバーナイフセンター、訪問看護での取り組みについての4つの事例発表があり、最後にグループ討論をおこないました。
各部署の各職員が、心をこめて業務をおこない、より良い環境を提供できるよう、この研究会で学んだことを活かして取り組んでいきたいと思います。
第82回 転倒予防健康教室 5/16(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 中村医師が 「怪我の際の応急処置」と題し、骨折の種類、応急処置の基本についてご説明しました。その後、理学療法士、作業療法士による「自分の身体について知ろう!」の講演をおこないました。今年度は、自分の身体について知っていただくために5月、10月、3月で運動・認知機能のチェックをおこなう予定です。今回はその1回目として、5つの機能チェックをおこないました。
 次回は、6月20日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


クッキー・生うどん販売 5/12(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は5/26(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。


川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科
卒業制作選抜展 2017
  5/2(火)〜
5/25(木)最終日14時まで
 私たちにとってデザインとはなんでしょう?ポスター、イラスト、家具…など多種多様なデザインは生活をより良くしてくれる存在です。

 「医療福祉の問題をデザインで解決したい!」今回の制作展はそんな思いを積み重ね出来上がった4年間の集大成です。大学生ならではの発想の数々から私たちの想いを感じてもらい、作品を通して皆さんと交流できれば幸いです。

 そして私たちの作品を通して、医療・福祉分野のデザインについてより多くの方々に興味・関心を深めてほしいと願っています。

 2017年度 卒業制作実行委員会
愛の詩を調べにのせて・・ 4/28(金)
 グループ「カンタービレ」によるアンサンブルコンサートを開催しました。アカペラ「野に咲く花」をはじめ、「糸」「天城越え」などみなさんの息のあった歌声とピアノ伴奏に皆さん聴き入りました。「春の小川 」「朧月夜」などで参加者のみなさんも大きな声で一緒に歌い素敵なひと時を過ごしました。




第28回 パーキンソン病健康教室 4/22(土)
 神経内科部長 柏原健一医師のコーディネイトによる年2回開催の健康教室をおこないました。 今回は、埼玉医科大学 医学部神経内科・脳卒中内科 教授 高橋一司先生に「パーキンソン病との付き合い方」についてご講演をいただいたあと、鳥取大学医学部 脳神経医科学講座 脳神経内科学分野 教授 花島律子先生に「”ふるえ”はなぜ起こる?」、当院のリハビリテーション課スタッフにより「体を動かしてみよう〜大きな声を出してみよう〜」をご講演いただきました。たくさんのお申込みをいただき、550名のみなさんにご参加いただきました。


クッキー・生うどん販売 4/21(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は5/12(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
ソプラノピアノコンサート 4/17(月)
 柴田久美子氏(ソプラノ)と新池谷有美氏(ピアノ)によるソプラノピアノコンサートを開催しました。
「花」「朧月夜」などの春らしい曲や、「朝はどこから」「茶摘み」と日本の伝統曲を披露してくださりました。お二人の息の合った演奏と声にみなさん聴き入っていました。
当院のコンサートは、入場無料でどなたでもお越しいただけます。定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非、お越しください。
第58回 共育塾 4/11(火)
 当院は職員が共に学び共に育つ学習型病院を目指しており、不定期で院内勉強会「共育塾」を開催しています。今回は身体教育医学研究所うんなん 北湯口 純先生に「目指せ!健康なまちづくり-島根・雲南市の事例紹介-」と題して、島根県雲南市での地域住民を巻き込んでの健康増進の仕組みづくりについてご講演いただきました。北湯口先生の先駆的な取り組みを知ることができ、地域の健康づくりについて考える場となりました。
第81回 転倒予防健康教室 4/11(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、身体教育医学研究所うんなん 北湯口 純先生が 「無理なく実践!転ばないからだづくりのコツ」と題し、転倒の原因や予防法をご説明した後、転ばないからだづくりのための太極拳をレクチャーしました。
 次回は、5月16日(火)14:00〜岡山旭東病院パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
地域の皆さまと共に学ぶ共育講演会「老いを生きる」 4/10(月)
 社会医療研究所所長 岡田 玲一郎先生をお招きして地域の皆さまと共に学ぶ共育講演会を開催しました。
「老いを生きる」をテーマにご講演いただき、どのように老いて生きていくのかを問いかけてくださりました。またレット・ミー・ディサイドのご説明もしてくださり、それぞれが望む「最期」について改めて考えることができました。


クッキー・生うどん販売 4/7(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は4/21(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
2017年度新人歓迎会 4/7(金)
 新人歓迎会を開催し、新人の皆さんのスピーチや、院内部活動の紹介などで院内の職員らと交流を図り、当院栄養課の振る舞う美食を堪能しました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。
2017年度新人研修 4/1(土)・3(月)
 今年度も新しい仲間が加わりました。
新卒・中途採用あわせて28名が研修に参加。研修では、各部署の所属長がそれぞれの部署の紹介や、院内見学をおこないました。また、関連病院である岡山リハビリテーション病院の見学をおこない「一般財団法人操風会を知ること」と「社会人としての基本を身に付ける」「自分達で考える」を目的に学びました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。
経営指針発表会 3/31(木)
 経営指針発表会を全職員参加でおこないました。
この会は、院内の各部署が作成した新年度の目標を発表するものです。
昨年の目標を達成し、新たな課題が見えてきました。今年度も医療に関する目標だけでなく、業務改善やコミュニケーション、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)への取り組みなども各部署から発表しました。より良い病院を目指して、患者さまの視点とご意見を交えて目標達成に向け邁進していきます。
アフタヌーンティー 3/29(水)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、桜のパウンドケーキ
・苺のレアチーズケーキを提供いたしました。お飲物は、紅茶・レモンティー・ミックスベリーティー・アップルティー・ほうじ茶・緑茶を用意しました。
次回は、4月26日(水)の開催予定で、メニューはさらに春らしく三色団子とみたらし団子セット抹茶ムースです。
糖尿病教室 3/28(火)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は栄養課が「なんでも食べたらだめなの? 〜外食編〜」と題し、自身にあった食事量や外食する際の栄養バランスのよいメニューの選び方などをお話ししました。
医科歯科連携講座 3/25(土)
池上歯科医院主催の健康講座を開催しました。
当院の整形外科 土井 英之医師が「ロコモティブシンドロームについて」と題し、ロコモティブシンドロームのご説明をした後、理学療法士による「ロコモ体操 体を動かしてみよう」では、立ち上がりテスト、ロコモティブシンドローム対策のトレーニング方法をレクチャーしました。
最後の池上歯科医院 池上 孝先生による「歯の噛み合わせについて」の講演では、原因不明の病気の噛み合わせを治すことでの症状改善の実例をご紹介していただきました。
第96回 病院見学ツアー 3/24(金)
 ツアーは約2時間半で開催しています。見学コースは診療編と癒しの環境編の2コースあり、当院紹介ビデオをご覧いただいた後、職員によるツアーコンダクターの案内で院内見学を行なっています。今回は、屋上庭園や院内デイケアルームの紹介など、癒しの環境に関する箇所を中心にご覧いただきました。
この見学ツアーは、日頃当院へ対する疑問をお持ちの方、当院へ足を運んだことのない方などに気軽に参加していただきたいと思っています。私どもは、参加していただいた方々のご意見を参考に、今後も職員一同、癒しの環境整備に取り組んでまいります。
今回を持ちまして、病院見学ツアーは終了する運びとなりました。長い間、ご愛顧いただきありがとうございました。今後は希望が有り次第、随時開催致します。
第80回 転倒予防健康教室 3/21(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 平野医師が 「転倒した場合の治療の受けかた」と題し、打撲の判断基準や応急処置、骨粗しょう症と骨折の関係性についてご説明しました。また、理学療法士による「二重課題って何?やってみよう!」では、二重課題と転倒の関係性をご説明し、二重課題のトレーニング方法をレクチャーしました。
 次回は、4月11日(火)14:00〜岡山旭東病院パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


クッキー・生うどん販売 3/17(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は4/7(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。


立見ユミコ作品展 ア ル プラントン ♪春に♪  3/16(木)〜
4/27(木)最終日14時まで
春のセーヌ川は美しい。羽毛のようなタンポポの胞子がフワフワと川面を飛び跳ね、そよ風が私の耳をくすぐる。ベンチに座ってうつらうつら、鳥の声、花の香り、人の声、全部が優しい。  ユミコ
若葉の会(後編) 3/16(木)
 新入職者を対象に若葉の会を開催。経営理念の作成や職員研修、経営戦略シートの作成など学習型病院を目指す当院の取り組みを新人に説明することで、病院全体での研修の流れを理解し、主体的に関わってもらえるよう始めた学習会です。当院は今後も、「共育」の考えの基、職員が共に学び共に育つ学習型病院を目指し努めてまいります。
福田浩子ソプラノコンサート 3/10(金)
 ソプラノ福田浩子さんと、ピアノ大谷麻美さんによるジョイントコンサートを開催しました。「野ばら」「すみれの花咲く頃」などを披露してくださりました。2人の演奏は息もぴったりで、あっという間の30分でした。多くの参加者とともに楽しく癒しのひと時を過ごすことができました。
村上彩子ソプラノコンサート 3/3(金)
 ソプラノ村上彩子さんと、ピアノ佐藤恵美子さんによるジョイントコンサートを開催しました。「早春賦」「冬景色」などお二人の息のぴったりの演奏を披露され、「さくら」では、患者さまも一緒に口ずさんで楽しみました。あっという間に30分が経ち、アンコール曲では「糸」を演奏し、拍手喝さいで素敵なコンサートとなりました。


クッキー・生うどん販売 3/3(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は3/17(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
糖尿病教室 2/28(火)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように毎月第4火曜日に開催しています。医療スタッフが、糖尿病について分かりやすくお話させていただきます。個別の相談や質問も受け付けております。
今回は看護師が「糖尿病と認知症」と題し、糖尿病と認知症の関係性やご本人と周りの家族の方の互いの支援・理解・協働についてお話ししました。
次回は、3月28日(火)13:00〜岡山旭東病院本館1階パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
おかやまあかいはな道化教室
紙芝居コミュニケーションの可能性
2/26(日)
テーマ:紙芝居コミュニケーションの可能性
案内人:塚原成幸 氏(道化師・紙芝居実演家)
この教室では毎回、世代を超えた参加者達が案内人の塚原氏の指導のもと「クラウニケーションの体験」を通して表現力を学んでいきます。昨年から、「紙芝居」を用いた講座を始めました。紙芝居は演者と観客が一体となって感動を分かち合える貴重な文化財です。講座では、紙芝居の演じ方、成長・発達に合わせた紙芝居の選び方、ケアの現場での活用などについて楽しく学びます。

次回、おかやまあかいはな道化教室
日時:6月4日(日)13時〜16時
テーマ:コメディをつくり、演じてみよう!
おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら
http://akaihana.sakura.ne.jp/
第56回 園芸教室 2/25(土)
 年6回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツを教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。
次回の開催は都合により
2017年6月24日(土)14:30〜となります。
(※材料代1,000円、グレードアップガーデニング教室は材料代2,000円)
持参の鉢にも寄せ植えをしていただけます。自宅にあるお気に入りの鉢に寄せ植えをしてみませんか?お持ちいただいた方には草花の株を1つプレゼントしています。
第95回 病院見学ツアー 2/24(金)
 ツアーは約2時間半で開催しています。見学コースは診療編と癒しの環境編の2コースあり、当院紹介ビデオをご覧いただいた後、職員によるツアーコンダクターの案内で院内見学を行なっています。今回は、屋上庭園や院内デイケアルームの紹介など、癒しの環境に関する箇所を中心にご覧いただきました。
この見学ツアーは、日頃当院へ対する疑問をお持ちの方、当院へ足を運んだことのない方などに気軽に参加していただきたいと思っています。私どもは、参加していただいた方々のご意見を参考に、今後も職員一同、癒しの環境整備に取り組んでまいります。
次回は3月24日(金)13:00〜癒しのコースです。事前に参加申し込みが必要ですので、ご注意ください。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
第57回 共育塾 2/23(木)
 当院は職員が共に学び共に育つ学習型病院を目指しており、不定期で院内勉強会「共育塾」を開催しています。今回は太平洋戦争の最中、満州で14歳まで生活されていた則次美弥子先生に満州での戦争体験についてご講演いただきました。テーマは「戦後70年と私 伝えておきたい身の凍る思い〜恩讐を超え平和の雲に乗らん〜」です。危険と隣り合わせで、心の休まる間も無いような日々の体験をお話していただきました。普段聴くことのできない戦争体験を聴け、貴重な時間を過ごすことができました。
アフタヌーンティー 2/22(水)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、春を先取りした苺大福・豆乳ブラマンジェを提供いたしました。お飲物は、カモミールハーブティー・アップルティー・ほうじ茶・緑茶・玄米茶・紅茶を用意しました。
次回は、3月29日(水)の開催予定で、メニューはさらに春らしく桜餡のパウンドケーキ・苺のレアチーズケーキです。
第79回 転倒予防健康教室 2/21(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 大西医師が 「入浴時の転倒と注意点について」と題し、急激な血圧変化のことであるヒートショックについてご説明しました。また、理学療法士による「転倒しないポイントは、筋力にあり!!」では、筋力低下と転倒についてご説明し、筋力トレーニング方法をレクチャーしました。
 次回は、3月21日(火)14:00〜岡山旭東病院パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
アンサンブルポピー 2/17(金)
 岡南公民館のクラブ講座から発足した「アンサンブルポピー」によるピアノアンサンブル・舞踏演奏会を開催しました。
「春よ来い」、「いのちの理由」などの懐かしの童謡、歌謡曲のピアノ伴奏を披露してくださり、参加者と一緒に歌いました。また、千鳥民謡グループによる紋付袴を着ての「岡山城」、ピアノ伴奏に合わせての「花笠音頭」の舞踏を披露してくださりました。参加者の皆さん、耳で聴いて、目で観て楽しんでおられました。
当院のコンサートは、入場無料でどなたでもお越しいただけます。定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非、お越しください。
バルーンの会 2/16(木)
当院では人材育成の取り組みの一環として、入職5年目の職員を対象に研修会「バルーンの会」を前期・後期の2回に分けて毎年開催しています。
今回は、前期で立てた目標の進捗業況を、仲間に報告しあいました。皆、目標通りに遂行する難しさを痛感しながら、細かな計画を立て小さなことから実践していくことの重要性に気づいたようです。彼らの今後の益々の活躍に期待しています。
一般職員研修 2/9(木)
テーマ:地域から選ばれる病院になるために 〜あなたもチームの一員〜
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。 チームビルディングをテーマにしたグループワークによりコミュニケーション手法を学び、研修委員による基調講演、ワールドカフェや発表をおこないました。一日の研修を実務につなげるため、最後には、一人一人が明日からできることを宣言しました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。
ピアノ・ソプラノコンサート「音の旅」 2/3(金)
 ピアノ樋口亜希さん、ソプラノ西川葉さんによる「音の旅」コンサートを開催しました。前半はソプラノによる世界を旅する音楽として、世界の国の伝統から有名曲を歌われ、後半は時代を旅する音楽として古典から近代までの音楽を披露しました。「エーデルワイス」「愛のよろこび」や「パイレッツ オブ カリビアンと幻想即興曲」のコラボアレンジ曲、ドラマ コウノドリより「Baby, God Bless You」など作曲者や時代の解説を聴きながら、みなさん美しい音色に耳をかたむけました。
当院のコンサートは、入場無料でどなたでもお越しいただけます。定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非、お越しください。


クッキー・生うどん販売 2/3(金)
  恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は2/17(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。


三木 日出夫 ヨーロッパ 風景画展 2/2(木)
〜3/9(木)
2回のヨーロッパ旅行(北欧、イタリアほか)でのスケッチをもとに、油彩画、アクリル画、水彩画に仕上げた作品を展示させていただきます。私が長年モチーフとしている「水のある風景」を鑑賞してください。
三木 日出夫
ヴェリタ エ カンパニアによる朗読会 1/27(金)
 朗読会グループ ヴェリタ エ カ ン パ ニ ア(Verita e Compagnia)による朗読会を開催しました。真実一路さん・廣瀬ふみ世さん・松尾ななりさん3名による、芥川龍之介「蜘蛛の糸」や、江國香織「草之丞の話」、大宮エリー 「昭和ですけど、なにか?」の朗読に、みなさま聴き入っておられました。
読んだことのあるお話でも、声の出し方、大きさや表現、タイミングのひとつひとつの違いで頭の中にすっと入り込み、情景が浮かんでくるようでした。
当院のコンサートは、入場無料でどなたでもお越しいただけます。定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非、お越しください。



クッキー・生うどん販売 1/27(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は2/3(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
認知症サポーター養成講座 1/26(木)
 この養成講座は、認知症の方やそのご家族が地域で安心して生活できるように、認知症の理解者やサポーターが地域に増えることを目指して開催しました。
 地域の方と職員を対象に、「認知症を知って地域で支えましょう」をテーマに、認知症の方の正しい対応方法のDVD鑑賞や当院神経内科 北山医師による「認知症について」、リハビリテーション課による認知症の人への対応の心得を講演しました。受講終了者には認知症サポーターの証であるオレンジリングを授与しました。
 養成講座は地域(ふれあいセンター)でも定期開催されており、公民館や企業、学校でもサポーター養成研修がおこなわれています。みなさんで認知症を正しく理解し、地域で支え合っていきましょう。
アフタヌーンティー 1/25(水)
 月に一度、本館2階の憩いの間にて、アフタヌーンティーサービスを開催しています。
今回は、栗と白玉団子入りのぜんざいを提供いたしました。お飲物は、温かいほうじ茶・緑茶・玄米茶・紅茶を用意しました。
次回は、2月23日(水)の開催予定です。
糖尿病教室 1/24(火)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように毎月第4火曜日に開催しています。医療スタッフが、糖尿病について分かりやすくお話させていただきます。個別の相談や質問も受け付けております。
今回は歯科衛生士が「歯磨きしましょう」と題し、糖尿病と歯周病の関係性や予防と歯磨きの方法をお話ししました。
次回は、2月28日(火)13:00〜岡山旭東病院本館1階パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
MOA旭東美術文化展
アーティストトーク&
ワークショップ
1/20(金)
 健康の駅で展示をして下さっているMOA旭東美術文化展によるアーティストトークとワークショップを開催しました。
アーティストトークでは国宝「紅白梅図屏風」と「色絵藤花文茶壺」の実物大レプリカを鑑賞しながら皆で感想や意見を述べ合い作品を楽しみました。
ワークショップでは牛乳パックでできた花器に好みの花を活ける「一輪の花」をおこないました。
地域の方や患者さまが参加し、楽しい行事になりました。
現在、展示会場にみなさまが制作した一輪の花を展示しておりますので、是非ご覧ください。

 

クッキー・生うどん販売 1/20(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は1/27(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
医局研修 1/19(木)
 医師を主対象とした研修会を毎年1回開催しています。今回は、アトリエ珠 一級建築士事務所の大瀧珠乃さんに「ストレスなく暮らす」と題し家づくりについてご講演いただきました。大瀧さんが今までに携わった住宅は、どれも住人の今後を考えて設計がされており、いつまでも愛着を持って住み続けたいと思える家でした。
当院スタッフも、患者さまの今後を考えた治療を意識し、地域に寄り添う医療に努めてまいります。
第78回 転倒予防健康教室 1/17(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 横山医師が 「膝の治療について」と題し、膝の痛みの原因の一つ変形性膝関節症の手術について説明しました。また、作業療法士による「骨粗鬆症を知って転けても折れない身体つくりを!」では、骨を丈夫にする食事や運動のコツを紹介しました。
 次回は、2月21日(火)14:00〜岡山旭東病院パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
ピアノ・フルート演奏会 1/13(金)
 新池谷有美氏(ピアノ)と田村孝子氏(フルート)によるピアノフルートコンサートを開催しました。
「冬」「白鳥」などの冬らしい曲や、「春の歌」「春の海」と新春を感じる曲を披露してくださりました。お二人の息の合った優しい音色にみなさん聴き入っていました。
 当院のコンサートは、入場無料でどなたでもお越しいただけます。定期的に開催しておりますので、お時間のある方は是非、お越しください。
MOA旭東美術文化展 ワークショップ 1/12(木)
 健康の駅で展示をして下さっているMOA旭東美術文化展による花器のワークショップを開催しました。牛乳パックに少し切込みを入れ、あとは好きな柄の紙や和紙を張り付ければ、牛乳パックとは思えないほど素敵な花器になりました。たくさんの外来、入院患者のみなさまが参加し、ご家族と一緒に楽しそうに作成しました。現在、患者さまが制作した作品も展示しておりますので、是非ご覧ください。
一般職員研修 1/12(木)
テーマ:地域から選ばれる病院になるために 〜あなたもチームの一員〜
 岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。 チームビルディングをテーマにしたグループワークによりコミュニケーション手法を学び、研修委員による基調講演、ワールドカフェや発表をおこないました。一日の研修を実務につなげるため、最後には、一人一人が明日からできることを宣言しました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。
私立関西高等学校
職場体験
1/11(水)〜
13(金)
 私立関西高等学校の学生さんに3日間職場体験をしてもらいました。
 病棟での看護業務や、臨床検査技師、診療放射線技師、リハビリスタッフの仕事を体験・見学してもらったり、コンサートの運営をお手伝いしてもらいました。
当院での体験が、学生さんの将来を考えるきっかけになれば幸いです。


MOA
旭東美術文化展
1/5(木)〜1/31(火)
最終日12時まで
 可知・芥子山・古都小学校の絵画作品約30点と一輪の花をいけた手作り花器数点を展示します。下記のイベントも開催しますのでぜひご参加ください。  (MOAかちかち山 健康ネットワーク 代表 富永浩子)


1/12(木)14時〜16時
【ワークショップ】 参加費:無料
花器を作り、花をいけてお持ち帰りいただきます。
場所:1階 健康の駅


1/20(金)14時〜16時
【ギャラリートーク】 参加費:無料
国宝「紅白梅図屏風」「色絵藤花文茶壺」(実物大レプリカ) を展示しての作品説明や、一輪の花体験をおこないます。

場所:1階 パッチ・アダムスホール
新年互礼会 1/4(水)
診察時間前にパッチ・アダムスホールに職員が集まり新年のご挨拶会「互礼会」をおこないました。院長、副院長による新年の挨拶の後、診療技術次長の掛け声にあわせ職員全員で新年を祝う一本締めをおこないました。本年も宜しくお願い申し上げます。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.