岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
頭痛
風邪でもないのに頭が痛くなると、怖い病気が気になります。頭痛原因の多くは緊張型頭痛、神経痛、片頭痛のいずれかです。命には関わりませんが、うっとうしく、豊かな生活の妨げとなります。そこで頭痛のお勉強を。緊張型頭痛は持続する締めつけ痛が特徴です。頭痛患者様の半分以上はこれが原因です。ストレス、過労、運動不足、頸椎の障害などが背景で、肩こりにも悩まされています。
日頃から肩の筋肉をよく動かし、血の循りを良くすることが重要です。
(頭痛体操を参考に)
 

 神経痛はズキッとする間欠的な鋭い痛みです。風邪、過労などが誘因、治療で速やかに治ります。副鼻腔炎やヘルペス感染が隠れていることもあります。
 片頭痛は拍動に一致したズキズキ痛が発作性に反復。視野が光って見え難い先ぶれや、悪心、嘔吐を伴うこともしばしば。脳内血管の収縮→拡張により痛むと考えられています。体質に加え、発熱、運動、緊張からの解放、朝寝坊、アルコールなど、血管を拡張しやすい状況が誘因になります。

 
 ちょっとオトクな情報
肩こり・頭痛体操
  1)リラックスした姿勢をとり、両肩を耳に近づけるように持ち上げる。
  2)正しい姿勢で座り、両手を額にあてます。両手で抵抗を加えながら、頭を前方向に
    押しあてます。
  3)正しい姿勢で座り、両手を後頭部へあてます。両手で抵抗を加えながら、頭を後ろ
    方向へ押しあてます。
  4)正しい姿勢で座り、両手を左側頭部へ押しあてます。片手で抵抗を加えながら、頭を
    左方向へ押しあてます。 (右方向へも同様に行います。)
 患者様の声
 私は長年“持病”で苦しんでいました。右目の奥から頭にかけてひどく不快な痛みが続き、首筋から肩にかけての強いコリ、止まらない嘔吐、冷や汗、涙などの症状が、年と共にひどくなり、仕事にも差し支えるようになりました。
 すっかりあきらめていた昨年の秋、病院を受診し、「片頭痛」で「よくなるかも」と知った時には救われたような気がしました。治療を始め、いただいた薬で頭の中がまるで“晴れ渡った秋の空のよう”にすっきりした時の感激は忘れられません。左の肩のこりは依然残りました。片頭痛の通信講座“FACE”に生活習慣の見直しが強調されていました。そこで、夜、一人用布団で休むように変えると肩こりは解消しました。また、先生から運動するようにとのアドバイスがあり、生活パターンを全く変えました。早起きと、早朝ウォーキングを始め、また「運動が第一、足りないところを薬で補う」という先生の励ましを肝に銘じて自分の中の“元気”を高め、薬に頼らない日がいつか来るようがんばりたいと思います。長年の“持病”から開放され、本当に感謝しています。(HT59歳女性)
*HTさんは片頭痛と緊張型頭痛の患者様です。
 
 天使のつぶやき
 皆さん、毎日の生活の中で頭痛に悩まされることって多いですよね。私の趣味の編み物は頭痛の原因の一つとなる肩こりを作るようですし、家に帰れば主人や子供に小言を言うことが多く、なかなか気を抜くことができません。頭の中で鐘がガンガンなるような頭痛に襲われたときは、さすがに薬に頼りますが、普段からストレスを余りためないよう、何か対処法を考えておく必要がありそうです。
 そこで私は最近お風呂に入るとき、ありきたりですが少しぬるめのお湯に、少しだけ長めにつかるようにしました。人にすすめられるまま試してみると、意外にリラックスできるようになりました。ゆっくり浸かったお風呂の中で今日一日を振り返りながら、いろんなことがあって落ち込んだりしたけれども、「まあいいか、なんとかなるさ」と割り切れることが増えていったように思えます。         
たかが頭痛、されど頭痛。本当に怖い病気の前触れのときもありますので、一概に軽く考えるのは危険ですが、検査を受けてみて異常がなかったときは、自分なりの解消法を考えてみてはいかがでしょうか。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.