岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
パーキンソン病
 パーキンソン病は脳のなかの運動を調節する神経回路が早く老化するため、手足がふるえたり、思うように動かせなくなる病気です。50歳ぐらいから発症する人が増え、1000人に1人、60歳以上では1000人に2人の割合と言われています。症状は下記「パーキンソン病の症状」を参照下さい。
 
 脳の中でドパミンという物質を使って刺激を伝える神経細胞が選択的に傷んでいきます。この進行を確実に止めることは今の科学ではできませんが、傷んだ細胞の働きを助けるようドパミンを薬で補うか、似た働きをする薬を飲むことで症状を軽くすることができます。これらの薬は効果があっても、のみすぎは禁物。
決められた量を、正しく使うことで、良い効果を長持ちさせることができます。
 

 
薬を急に止めるのは非常に危険です。風邪薬をのむときにも薬は続けてください。
 日頃から身体を良く動かし、さび付かせないようにすることも大切です。身体が動きにくいと気分も内向きになり、意欲をそがれます。いろいろなことに興味を持ち、また、家族、隣人、友人とのつき合いを日頃から大切にしたいものです。家族の方は患者さんが良い感覚、運動刺激を得られるよう、声かけをしたり、一緒に散歩するなどの配慮をしてあげましょう。
 診断ですが、神経系の診察、頭のMRI検査などを行います。脳血管障害や、いくつかの神経疾患でよく似た症状がみられることがありますが、薬が効くのはパーキンソン病のみです。遺伝する場合がありますが、5%以下です。

運動症状
安静時振戦(手や足のふるえ)92%
筋強剛(筋がかたい)96%
無動(動きが遅い)87%
姿勢反射障害(転びやすい)79%
嚥下障害
構音障害48%
すくみ28%
運動外症状
自律神経症状
起立性低血圧(たちくらみ)9%
消化器症状(便秘)49%
排尿障害9%、陰萎
睡眠障害(不眠、悪夢)
感覚障害(しびれ、いたみ)
痴呆10%、幻覚、妄想


関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.