岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
脳梗塞とは
 脳梗塞は脳に酸素や栄養を送る血管が詰まって生じます。したがって、一刻も早く診断し、治療を開始することが重要です。この脳梗塞は、血管の詰まる様式で大きく3つに分類されます。ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症です。ラクナ梗塞は穿通枝(せんつうし)とよばれる細い動脈が詰まって生じるもので、梗塞のサイズは通常1.5cm以下です。アテローム血栓性脳梗塞は内径動脈や中大脳動脈という太い血管に動脈硬化を生じ、血管内に血栓を生じて詰まったものです。動脈壁の血栓がはがれ、終末血管に詰まって生じるアテローム血栓性脳塞栓もこれに含まれます。心原性脳塞栓症は心臓にできた血のかたまりが脳の血管に詰まって生じるもので、心房細動のような心臓の病気を持つ人に生じます。最近では、長嶋監督で話題になりました。ラクナ梗塞では高血圧が最大の危険因子です。従来わが国ではこのラクナ梗塞が多いとされていましたが、最近では欧米と同様、アテローム血栓性脳梗塞が増えています。動脈硬化を生じる危険因子には高血圧、血中コレステロール濃度の高値、喫煙、糖尿病、肥満、運動不足、加齢などが知られています。

診断と治療
 診断には、MRI、MRAが威力を発揮します。MRIでは脳の形が、MRAでは血流が写し出されます。拡散強調画像という特殊な撮影により、新しい病変だけを知ることができます。MRAでは血管が細くなったり詰まった様子がわかります。症状やMRI所見から脳梗塞の病型を決め、治療にとりかかります。
 治療には詰まった血を溶かす薬、更に詰まりを防ぐ薬、傷んだ神経を保護する薬、脳の腫れを除く薬、組織の循環を良くする薬などを使います。病型ごとに使える薬が異なるため、正確な診断は大変重要です。当然ながら早く治療を開始するほど回復し易くなります。脳は心臓以上に虚血に弱い組織です。3時間以内の治療開始が大切です。おかしいと感じたらすぐに受診しましょう。脳梗塞から回復したら、再発を予防する目的で血をサラサラにする抗血小板薬を服用します。心臓病ではワーファリンです。しかし、完全に防ぐとは限りません。 薬以外にも、大切なことがあります。高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病などの基礎疾患があればきちんとコントロールしましょう。たばこは血管を傷め、収縮させるので、百害あって一利なしです。お酒は1.5合以下なら安全と考えられています。節度を持って楽しみましょう。過労や夏の脱水も再発を招きます。しっかり水を飲みましょう。歯を抜いたり手術を受ける時には薬を一旦中止しますが、再開を忘れないように気をつけます。

 
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.