岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
脳・神経の専門医による高精度検査 脳ドック
脳は全身の司令塔
 脳は、人体のあらゆる活動と情報の司令塔となる重要な器官です。現代社会ではストレス、生活習慣の乱れなど脳にかかる負担は計りしれません。脳が老化してしまうと、身体にさまざまな悪影響が及ぶことは明らかです。日本人の死因の3番目に多いのが、脳卒中です。
 脳卒中は急性期における死因や医療費の面では第3位ですが、他の成人病と比べると、手足の麻痺や言語障害など重い後遺症が残りやすく、その後の治療やリハビリなどの医療費や、社会や家族の生活面でのサポートなど、継続的な負担は、大きいと言えます。
あなたは大丈夫だと思っていませんか?
頭の症状として、頭痛などがありますが、脳卒中ではどんな症状を自覚するのか、わかりづらい場合が多く、見落としがちです。大丈夫だろうという軽い気持ちが命取りにつながる場合があります。日々の生活の中でちょっとした変化も、病気の前触れかもしれませんので、注意することが大切です。
当院脳ドックのご紹介 − 専門病院だから安心の複合的検査 −
 当院では、脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院として、皆さまの健康をサポートできるよう、より精度の高いものを目指しています。
MRI-MRA(磁気共鳴画像診断装置)
MRの中でも、より精度の高い1.5テスラのものです。
※放射線をまったく使わないため被爆する心配はありません
MRI・・頭の断面図(脳実質)
MRA・・頚から脳内の血管を撮影
●検査は寝ているだけの手軽さ
●わずか15分程度(痛みはともないません)
複合的検査 
血液・尿・心電図・動脈硬化・胸部レントゲン・高次脳機能検査
 画像検査(MR検査)では指摘できない危険因子(例:高コレステロールや動脈硬化など)が潜んでいる可能性があります。当院の脳ドックでは、全身の状態を把握できる検査をメニューに含んでいるため、高血圧や高脂血症などの生活習慣病についても、検索できます。したがって、予防や改善に向けたアドバイスも、おこなうことが可能です。
※高次脳機能検査:脳機能の低下を 調べます(60歳以上でご希望の方対象)
       血液検査 動脈硬化検査
診察・結果説明 − 画像診断は、必ず2人以上の医師で実施 −
問診表のチェックやBMI(肥満度の指標)、またMR等受けていただいた検査を総合的に判断して、専門医がわかりやすく説明します。
経験豊富な脳・神経専門医が診断 − 納得いただけるまで、わかりやすく説明 −
専門医2人以上で画像を診断し、健康センター長の別宮医師が、総合的な結果を説明します。別宮医師にインタビューしました。
.結果説明で気をつけていることは何ですか?
.ご利用者さまとの出会いを大切に、見落としのないように診察し個人のニーズにあったわかりやすい説明をするよう心掛けています。不安な気持ちで検査に来られた方に、納得いただけるまで十分な説明をします。
.病変の疑いがある場合は?
.さらに詳しい検査をするようおすすめしています。かかりつけ医をお持ちの方、また遠方から来られた方には紹介状を書かせていただきます。個々にあった方法で治療をサポートします。病変が見つからなかった場合でも、今後考えられる病気への対策として、生活習慣の改善などをアドバイス  しています。
.メッセージをどうぞ
.健康であるようでも、知らず知らずのうちに悪い生活習慣をしている場合が多いものです。生活習慣を改めるきっかけとして、当院の脳ドックを大いに活用していただきたいと思います。
脳ドック詳細・申込みについて>>
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.