岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
話題のPET-CT(ペット-シーティー)でがんドック
全身のがん検診がこんなに簡単で精密に
がん対策の基本は早期発見・早期治療
 健康であることの大切さは元気なときには気付きにくいものです。身の回りの誰かが病気になった時、あらためてその大切さに気づかされます。
 現在、日本人の死因第一位を占めているがんは自覚症状が出たときには病状がかなり進行している場合が多く、身体はもちろん治療に要する時間や費用の負担も大きくなります。そのためには早期発見・早期治療が有効手段とされています。
当院では、全国的に脚光を浴びている、がん診療の最先端装置 「PET-CT」を、岡山でいち早く導入し、2004年4月より「がんドック」を実施しています。
 
負担の少ない画期的ながん検診
  PET-CTを用いた「がんドック」は、今までの、胸やお腹など臓器ごとを調べる検査に比べ、全身の状態を一度に把握できるのが特徴です。
CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)も画期的な検査方法ではありますが、臓器の形をみることしかできません。
 その点、PET検査は、細胞の性質(活動状態)をみるので、形として現れにくい小さながん(1cmくらい)を発見でき、また、腫瘍が見つかった場合の良性・悪性の判断が可能です。
 上記のPETの利点とCTの利点とが合体したPET-CTでは、一度でこのふたつの画像を撮影し、重ね合わせ、病変部の、より迅速かつ正確な診断と位置特定ができます。
 
がんドックってどんな検査? - 検査の流れ -
受付
受付から結果説明まで、健康センターの職員がご案内します。


更衣・身体計測

説明・問診・診察
検査を受ける前に健康状態をチェックします。
些細なことでも医師にお話ください。


エコー検査


採血・注射

安静
くすりを全身に行きわたらせます。
安静室にてゆっくりお休みください。
(50分〜60分)


排尿

PET-CT検査
 がん細胞は正常な細胞よりもたくさんのブドウ糖をエネルギー源として摂取します。
その特性を利用して、ブドウ糖によく似たFDGというくすりを静脈から注射し、
がん細胞に集まった様子をPET-CTという装置で撮影します。
がんの有無や良・悪性の診断、また、その広がり(転移など)を調べます。
特徴
・検査は寝ているだけの手軽さ
・予想外の病変を早期に発見
・良性か悪性かの判別に役立つ
・転移・再発のチェックが可能
発見率は従来の10倍〜20倍!


食事

結果説明
 
受付〜結果説明まで
所要時間:約4時間
 
 
健康度チェック(該当項目にチェックをしてみましょう)
□ 血縁者にがん疾患にかかった人がいる(いた)
□ 40歳以上である
□ いつもイライラし、ストレスが溜まっている
□ 新鮮な野菜(特に緑黄色野菜)を摂る機会が少ない
□ 便秘しやすい
□ 喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が400以上である
□ 偏食である
□ お酒を週に2〜3回以上飲んでいる
□ 高たんぱく、高脂肪の食事を摂ることが多い
□ 熱いものを「ふーふー」いいながら摂るのが好きである
0個:今のところ問題はありません。
1〜4個:今のところ問題はありませんが、生活習慣に気をつけましょう!
5〜7個:生活習慣の見直しが必要です!!
8個以上:症状によっては医師の診断を受けた方が良いでしょう!
 
当院自慢のスペシャルコースをちょこっとご紹介
 PET-CT検査、胃内視鏡検査、MRI検査など、充実の検査内容はもちろんのこと、「癒し」がテーマの宿泊ルーム、四季折々の味を贅沢に盛り込んだ薬膳懐石、ホテルのコンシェルジェを目指したスタッフの対応など、ご受診の皆さまに日頃の疲れを癒していただくための『おもてなし』も、このコースの魅力です。
※検査内容はパンフレットをご参照ください
 
 病院らしくない病院を目指す当院では、「検査目的」だけでなく「疲れを癒す楽しみ」として検診を利用していただけるよう、心身ともに解放されるやすらぎを提供しています。
ゆとりある空間と落ち着いた
雰囲気の宿泊ルーム
※検査日により、お部屋が異なる場合もございます
山や海の幸など、旬の素材で
提供する薬膳懐石
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.