岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>旭東ライブラリー >>知っ得情報
<旭東ライブラリー>
皆さまの声
旭東ニュース
イベント(行事)
健康の駅
季刊誌「愛」
探検隊
知っ得情報
共育(共に育つ)
健康なうちに体をチェックする
 最近、病気の予防や健康づくりの役割として『ドック』が注目されています。
ドックとは健康な方のための「健康診断のフルコース」といえます。一般的な健康診断と違い、検査終了後に医師による結果説明を受けられるため、異常が見つからなくても検査がその後の健康維持に役立ちます。ドックにはいくつかの種類があります。必要に応じたドックを、最低年に1回、受けられることをお勧めします。
 
人間ドックと脳ドック
 一般的に言われている人間ドックでは、主に生活習慣病(成人病)を主体に構成されています。体の現在の状態を広く浅く調べ、血液検査や肺、胃などそれぞれに異常がないか調べています。
ちょっとした、生活習慣の乱れで異常と診断される事があり、全受診者の70%以上の方に異常が認められます。多くの場合、通常の人間ドックでの脳検査は、オプションとなっています。
 
 脳ドックは人間ドックの脳に特化した「専門ドック」です。脳梗塞や、くも膜下出血につながる脳動脈瘤などの早期発見のための構成となっています。
 近年、脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血をあわせた総称)が増加しています。脳卒中を起こすと大きな後遺症や時には突然死を招く恐ろしい病気です。
 脳は人間の精神活動や運動機能をつかさどる、一番大事な場所。脳ドックでは、脳に影響を与える生活習慣病についても検査します。
脳ドック
MR検査(頭部<MRI・MRA>・頚部<MRA>)
動脈硬化検査
高次脳機能検査 等

脳外科医による診察
プラス
基本検査
 
血液検査
検尿検査
胸部レントゲン検査
心電図検査
 
プラス
人間ドック
腹部超音波検査
胃透視(胃のバリウム)検査
肺活量、視力検査 等

内科医による診察
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.