岡山旭東病院
岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>医療機器・検査技術
<医療機器・検査技術>
核医学検査
MR
CT
サイバーナイフ
骨塩定量検査
血管造影検査
一般撮影検査
PLDD
血管造影検査(DSA装置)
透視装置を見ながら、腕、太ももの付け根から、挿入した細い管(カテーテル)先端をを検査目的血管まで操作し、造影剤を注入させながら、X線撮影を行って、血管の走行、血流の流れを見ます。

・DSAとは、degital subtraction angiographyの
 略で、血管画像をデジタル画像として取り込む
 ことで、リアルタイムに、血管画像のみを見るこ
 とができます
 
・注入造影剤の量も従来のフィルム法に比べ、
 少ない量で検査ができるようになりました
 
・造影剤注入時の熱感も少ない
IVRとは?
 IVRとはインターベンショナル・ラジオロジー(interventional radiology)の略称で、X線透視、超音波ガイド下、CTガイド下でカテーテルやガイドワイヤーと呼ばれている細いチューブや針金を用いて、低侵襲に検査・治療を行います。
当院では、適応によて、この手法を使い、血管内より、脳動脈瘤、AVMなど脳血管病変の治療を行っています。
正面 後方より
上方より
 当院では、新規装置により、血管走行を立体的に抽出することが可能となりました。
また、任意の方向より観察ができ、より詳しく病態を把握することができるようになりました。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.